日の出前からガンダムに会いに行ってきたぁ(残り2日)2017年03月04日 18:55

始発電車では日の出前に到着しないので、本日はタクシーを使ってお台場のガンダムに会いに行ってきました。


空は曇っていて、朝日は期待できなかったので、明るくなるまで一通り撮影してみました。



日の出前、シャッタースピードを下げて撮影。
ガンダムもライトアップされていないので、窓明かりのみの明るさの中で撮影です。












日の出の少し前、空が白くなり始め。
自然光でもガンダムがはっきりわかる感じになってます。






ガンダムの上を飛行機が通過。







朝日が雲の隙間から少しの時間でしたが射し、ガンダムを照らしてました。








太陽がすっかり昇った後です。







今日はランチをダイバーシティ東京 6階のブュッフェスタイルレストラン「APOLLO」で食べました。
と、言うより、窓側の席を用意してもらうと、上からガンダムが見れるのです。

丁度12時の演出の時間に入ったので、ガンダムの頭が動く所も上から見る事ができました。











日の出前から日の出後までをタイムラプス撮影。


さよなら ありがとう お台場 ガンダム立像2017年03月05日 23:28

2017年3月5日
朝、4時過ぎに自宅を出発。
八丁堀駅付近まで歩き、タクシーに乗車。
お台場到着は4時55分頃でした。

この時間からガンダムの周りには撮影する方が3人程おられ、夜通し撮影されていたのかもしれません。
ガンダムコネクトポイント 「機動戦士ガンダム」40周年までのカウントダウン表示を撮影後、タイムラプス撮影をセット。




東の空が少し赤らみ始めた頃、ガンダム周辺はまだまだ真っ暗な状態。
足元の明かりや、ダイバーシティの室内灯の明かりがあるおかげで、この様なガンダムが撮影できます。














ガンダムの周りが少し明るくなると、東の空もいよいよ日の出まじかな明るい空になってきて、ガンダムと空のコントラストが綺麗な時間帯になります。
























この時間になると、スズメが活動をし始め、毎日の事なのでしょうか、警備員さんの近くに集まり、食事をいただいてました。









この日の日の出時刻は6時7分。
日の出の時間になると、ガンダムも薄いオレンジ色になり始めます。
始発電車が到着する時刻でもあり、ガンダムを撮影する方が増えてきました。



































6時30分頃。
建物の陰から日の光が直接ガンダムを照らす様になり、ダイバーシティ東京の壁面にガンダムの影ができます。
短い時間ですが、ガンダムも一層オレンジ色になり、日中では見られない優美な姿を披露します。
























































6時50分頃。
朝焼けから日の出、太陽が昇り、朝日から通常の日の光に変わる頃には、ガンダムも自身の色になっていきます。




7時30分頃。
警備員の打合せが開始されました。






7時50分頃。
搬入車両を先頭に、数台の車を警備員が誘導し、ガンダムの前の敷地に停車。
仮設舞台やテント、安全柵等を搬入。
舞台とテントはすぐに設営開始されました。

安全柵はまだ設置されていないので、ガンダム前やその横は自由に出入りでき、まだガンダムを撮影できる状態でした。






8時30分頃。
仮設舞台が設営開始。
結構な速さで舞台が出来上がっていきます。





9時10分頃。
ガンダムの周りに安全柵が設置され始め、いよいよ規制がかかりました。
こうなると、撮影する所も限られてしまうので、いったんガンダムフロント東京へ。










9時30分。
ガンダムフロント東京の入場待機列に並ぶ。
今年に入ってから週末は、10時のオープン前に入場待機列ができ、前売券の待機列と当日券の待機列があり、前売券で入場する方を優先で入場していました。

前日には、当日券での入場を規制されたため、昨日セブンイレブンで3月5日の前売券を購入。

この日は、前売券の待機列に並ぶことになりました。
ただ、9時30分の時点で、10人程が並んでおり、やはりいつもと違うとここでも感じました。
当日券の待機列は20~30人が並んでいて、こちらもオープン前から異常な状態になってました。


10時のオープン時には、ガンダムフロント東京のあるフロアには人があふれ、入館の仕方がわからない方は、ダイバーシティ東京のオープンを待って7階に上がってくるので、この時間がものすごい人であふれてました。


前売券を持っている方が優先的に受付に案内され、私も直ぐに入場券を引き換えることができました。

この日は3枚の入場券を引き換えました。
運よく3枚とも違う絵柄で、3月5日の記念入場券が手に入りました。


10時20分頃。
ガンダム立像へもどると、安全柵が出来上がっており、入場規制がかかっていました。

















ガンダムの周りを一通り確認したあと、フォロワーさん3人(私を含めると4人)で、ダイバーシティ東京6階にある、ビュッフェスタイルレストランアポロに行き、オープンを待つことに。
店員さんに頼んで窓側の席を2人ずつに分かれ食事をすることになりました。


ガンダムを上から見るのもなかなかのもの。
最後の展示を観に来た方々がガンダムの周りに集まってます。





12時の演出時には、通路が無くなるほどの人が集まりました。









14時頃。
ガンダムは演出でないのに、頭が動いており、クロージングセレモニーのリハーサルが始まってました。








15時00分。
日中の演出はこれが最後。
ものすごい人数がガンダムの周りに集まり、撮影していました。





15時30分。
昼間の最後の演出が終わり、人が少し減ってきたので、クロージングセレモニーがよく見える場所を確保するため、この時間から場所取りを開始。









16時過ぎ。
セレモニーで行うための音楽のリハーサルが開始されました。
ピアノと弦楽器による弾き語りのリハが行われてました。
また、これに合わせて、ガンダムも動き、照明等のテストも行われてました。



















17時30分頃。
照明やガンダムの動きのテストが繰り返されてました。








17時45分頃。
来賓の方々と、プレスの方々が場内に入り、セレモニーの準備が整った感じでした。







18時00分
クロージングセレモニーが開始されました。
ダイバーシティ東京の壁面にはプロジェクターによる映像が投影され、ガンダムはいろいろな色にライトアップ、場内に集まった方々はみなさん歓声をあげてました。




















来賓のあいさつ
ダイバーシティ東京の代表の方、バンダイの社長、そしてサンライズの社長 宮河氏のあいさつ。







今後のガンダムの動向やダイバーシティ東京でも活動等が発表。
一番の驚きはガンダム立像の撤去のあと、ユニコーンガンダムが同じ場所に建設されるとの事で、場内は「おお~~」と、驚きの喚声が上がってました。


詳細はガンダムインフォや各ニュースサイトで掲載されているので、そちらを確認してください。



一通りのスピーチが終わるとピアノ三重奏の生演奏。
鉄血の音楽を担当した横山氏の編曲だそうで、「哀 戦士」、「めぐりあい」、「飛べガンダム」が演奏されました。

この演奏中、ガンダムはいろいろな色のライトアップが行われ、またガンダムの頭も動いてました。
それと、ダイバーシティ東京の壁面にはプロジェクタによる映像が投影されてましたが、私の位置からはガンダムの陰に入り、映像は確認できませんでした。



























この演奏の後、司会者から特別ゲストの紹介がありました。
富野由悠季監督の紹介が発表されると、ユニコーンガンダムの発表より大きな歓声があがってました。

富野由悠季監督はガンダムの後ろから登場。
赤のシャツに黒のスーツを着ていて、いつもながらお洒落な感じにまとまってました。











ガンダムの事、これからの事、富野由悠季監督のトークは場内の誰もが聞き入ってました。




そして終焉。

最後に音楽とライトアップによる演出が行われ、クロージングセレモニーは終了しました。


終了後、来賓の方々と富野由悠季監督がステージ上がり、プレス用にフォトセッションが行われました。


このフォトセッションは来賓全員バージョンと、バンダイ社長&宮河氏&富野監督バージョンと、富野由悠季監督バージョンの3バージョンが行われ、且つ動画パターンとスチールパターンがあり、系6回も富野由悠季監督はステージ上に上がってました。



















この後、舞台装置や照明、音響設備の撤去作業が行われておりましたが、朝の早い時間から活動していたので、ガンダムの最後の演出までいることができず、この場をあとにしました。


まだまだ、多くの方がおり、最後のお別れを惜しみ、撮影や演出を楽しんでました。





ありがとう ガンダム立像

次に会うのはガンダム40周年の時ですかね。

お台場ガンダムに会いに行ってきたぁ (終了後1日目)2017年03月06日 22:54

昨日は最終の演出を観ずに引き上げてしまったので、もう一度お別れが言いたく、始発電車でガンダムに会いにきました。



いました。
まだ撤去作業が始まっていないガンダムが。




撤去の発表があってから先日まで、朝から数人が訪れて撮影していましたが、今日は誰もギャラリーがいませんでした。




ガンダムコネクトポイントのカウントダウン表示も消灯していて、展示が終わったんだなと、これで感じました。








日中と夜の演出時間が掲示していた表示箇所は、最終日の演出のままでした。





日の出が過ぎたころ。
曇りで朝日が出ていなく、ガンダムの優美な姿が見られなかったです。












仕事前に寄ったので、あまり長い時間が取れず、7時にこの場を離れることに。

次に来た時は、解体作業が始まっているのかな。。。


夕方 ガンダムの状態を確かめに行ってきたぁ (終了後4日目)2017年03月09日 20:03

仕事で国際展示場に来ており、仕事帰りにお台場のガンダムに会ってきましたぁ。



青海駅に隣接しているヴィーナスフォートから撮影。
クレーンのシルエットを見た時、もうガンダムの頭は撤去されてしまったのかと、思いましたが、よく確認したらまだ健在でした。




ガンダムに近づいて安心。
頭以外もまだ外されていませんでした。




ガンダムの撤去作業現場には、仮囲いができ、一般人が現場に入れない様になりました。





丁度、夕陽がガンダムを照らす時間で、オレンジ色に染まってきました。



















この日は天気も良く、空には月も見えました。








隣接しているインターロッキングを行っている現場との境は、まだ仮囲いがありませんでした。









日没後です。




日の入が過ぎ、あたりが暗くなった頃です。
もうライトアップされないガンダムがそこに。。。















ガンダムフロント東京には特設メッセージボードが設置されました。
みなさんガンダムの思い、ガンダムフロント東京の思いなどが書かれていました。






この日発売になったプラチナチケットです。
私も購入しましたが、入場最終時間が近づいてたので、今日は15種類のチケットはもらわずその場を後に。



ガンダムフロント東京の入口には1/10サイズでしょうか、ガンダムのボードが設置されました。


お台場のガンダム 見に行ってきたぁ (終了後6日目)2017年03月11日 23:30

3月5日開催したクロージングセレモニーから7日目、始発電車でお台場に行ってきました。























雲が多く朝焼けに染まるガンダムは撮影できませんでしたが、少しの時間だけオレンジ色になったガンダムも見れました。

















先日からガンダムの撤去作業場はラフターが搬入され、仮囲いが設置はじめられました。

土曜日の作業は隣の工事現場との境の仮囲いの設置作業でした。


ガンダムには主な変化はなく、撤去作業は来週から本格始動と思われます。








日が昇り、陽の光を浴びるガンダムです。




この日は先日購入したガンダムフロント東京のプラチナチケットを使い、15種類の入場チケットをゲットするため、入退場を繰り返してましたが、午後からの予定が迫ったので、途中で取りやめ。

後日、挑戦する事にしました。





午後から函館に飛び、ガンプラEXPOを観てきました。


ガンプラEXPO 函館に行ってきたぁ2017年03月11日 23:31

午前中、お台場のガンダムを見てきた後、午後から函館に行き、ガンプラEXPO 函館に行ってきました。


開催場所は丸井今井 函館店で、この隣にある野村証券は以前仕事で来た事があったので、懐かしくもありました。


丸井今井 函館店の1階入口を入った所に、1/1ガンダムヘッドがお出迎え。








この1/1ガンダムヘッドは一昨年のガンプラEXPOで使用されたもので、ガンプラの1/1ヘッドを参加者が前面を押して後ろのパーツとくっつけるときの演出用で使用されたもので、前面と後面が二つのパーツに分かれてます。

この前後がちゃんとはめられていないので、少しパーツが離れた状態でしたw




化粧品や装飾品がガンダムヘッドの隣にあるのは、異様な光景でした(^^)





ガンダムヘッドの側には、ガンプラが展示されてました。
こちらはノーマルな作品でしたが、綺麗に塗装され、展示用として作られたのがわかります。





ガンプラEXPOが開催されていたのは7階で、東京の開催と比べるとこじんまりとした感じです。
それでも、お客さんは沢山来ており、ガンプラ人気が感じられました。



ガンプラEXPO会場の入り口です。




展示会場にはジオラマの作品、ガンプラビルダーズワールドカップの入賞者の作品、ガンプラの展示、発売予定の新商品が展示されてました。














【 発売予定のガンプラ 】

6月発売
「MG ジャスティスガンダム」








「HG 陸戦型ガンダムS型」
5月発売予定






「HGPG プチッガイ ラスティオレンジ&プラカード」
「HGPG プチッガイ サフェーサーグレー&プラカード」




「HGBF ガンダム シュバルツリッター」
5月発売予定






「LEGEND BB BB戦士 No.403 真駆参大将軍」
5月発売予定








「HGUC Zガンダム」
4月発売










HGBF すーぱーふみな アクシズエンジェルVer.




Figure-riseBust ホシノ・フミナ エンディングVer.




SDガンダムEXスタンダード











【 ガンプラビルダーズワールドカップ入賞者による作品展示 】






シュンさんの作品
「ガンキャノンⅡ改 (漫画 ガンプラ戦記ジャブローズ・スカイ作例)」








ヤマタツさんの作品
「バルバトス」












三木さんの作品
「フリーダムC.E.73」






六笠さんの作品
「1/100 ガンダムグシオン ・REBOOT」






ロクさんの作品
「グフ飛行試験型 Ver.ROKU」







会場限定で販売されたガンプラの一覧



限定販売されたガンプラの展示





限定ガンプラの販売フロア
























ガンプラ組立体験会が開催されてました。





今日の戦利品はこちら「ガンダムアストレイ ブルーフレーム メッキVer.」





ガンダムの解体撤去作業がはじまったぁ (終了後8日目 撤去初日)2017年03月13日 20:12

ガンダム立像 終了後 8日目
解体撤去作業 初日

始発電車でガンダムに会いに行ってきましたが、朝の8時(作業開始時間)では、目新しい作業はされていなかったので、一旦その場を後にし、仕事に行きました。



【朝6時頃の写真】



















11時頃のツイッターのツイートで、ガンダムの周りに高所作業車が写っている写真が確認できたので、午後から半休しお台場に再び行ってきました。



12時過ぎの時点で確認できたのは、ガンダムの両足首から先が撤去されて、作業場内に置いてありました。


【外された足のパーツ】









【ガンダムの足】












13時00分過ぎ。
作業員の方がラフターを始動。
続いて高所作業車が所定の位置に移動し、バケットに作業員が搭乗し、ブームが伸びました。







フォロワーさんから聞いた話では、過去2回の解体では、ガンダムの頭から外すとの事だったのですが、バケットの位置は左手。


左手甲のカバーを開け、手首付近をサンダーでカットし、ラフターから吊り下げられたワイヤーをカットした部分から挿入し、手の落下防止を確保。

【手の甲の部分の点検口を取り外し】



【サンダーでカットした部分を強引に曲げてる】



【吊下げワイヤーの取り付け】






その後、腕と手を接続している個所の取り外しが行われ、1時間後に左手が取り外されました。

【左手の取り外し】



【結構強引に前後に揺さぶってました】



【金具の一部が落下】



【左手が取り外された時】



【このまま地上へと左手を下す】








左手を取り外した後、手首部分にロープが取り付けられました。
これは物を吊り下げた時、下からそのロープを持って、吊り下げた物が振られない様にするのと、誘導する為です。





2台の高所作業車のバケットはガンダムのランドセルの部分に。
そしてガンダムに移乗し、ガンダムの肩から内部に入り、左肩の部分の接続箇所で作業がはじまりました。



【バールでガンダムの肩の部分を開けている所】










その間、ラフターから吊り下げワイヤーが方の部分に下され、所定の位置でしょうか、ワイヤーを固定し、少しテンションがかかった状態で、左肩の接続部分の作業を行ってました。







約1時間後、ワイヤーが強くテンションがかけられ、いよいよ左腕の取り外し。

左手を外す時よりか時間がかからずに左腕が動き出し、その後胴体から外れました。



【徐々に胴体から左腕が離れていきます】





【外された左腕の肩の接続箇所】


接続箇所は赤茶けているのは錆でしょうか。
長い間風雨にさらされてきたからこうなってしまった様です。


【左肩の接続箇所】




こちらの接続箇所も相当錆びているようです。





【外された左腕は場内に】







ガンダムの左腕が撤去された状態になりました。





















この時点で午後3時。
休憩をはさんで頭部か右手右腕の作業を開始すると思っていたら、途中でラフターのオペレータの方も下車してしまい、高所作業車は稼動しないまま、時間が過ぎていきました。


たぶん左手の取り外しに時間がかかってしまったので、残った取り外しは本日中止になったのだと思います。


その後、作業場内からはサンダーの使用する音が聞こえ、外したパーツを切断しているのだとわかりました。



以上が本日行われたガンダムの解体撤去作業の内容です。




ガンダムの解体撤去作業 状況みてきたぁ (終了後10日目 撤去3日目)2017年03月15日 21:48

ガンダム立像 終了後 10日目
解体撤去作業 3日目

本日も始発電車で、お台場に行ってきました。

朝から冷たい雨が降っていましたが、お台場に到着する頃になると、雨は小降りになり、撮影もできる状態でした。


昨日の作業では頭と右手が撤去され、ネットでは大きな話題として取り上げる所もあった程、このお姿をみなさん待っていたようです。

劇中のラストシューティングと呼ばれる、ガンダムの頭部と左腕がない状態が、昨日の頭の撤去とその前の日の左腕が撤去された事により、ラストシューティングなお姿を披露しました。


当日は仕事で撤去作業は見守れませんでしたが、今朝ようやくこの姿を見る事ができました。

いつもの朝と違うのは、ネットで拡散したからでしょうか、朝早くから撮影される方が沢山いました。



















ガンダムの頭部は白いシートで梱包され、アンテナ部は頭部の横にそのまま置かれてました。





ガンダムの解体撤去作業 状況みてきたぁ (終了後11日目 撤去4日目)2017年03月16日 08:16

ガンダム立像 終了後 11日目
解体撤去作業 4日目

本日も始発電車でお台場に行ってきました。

天気はとてもよく、遠くに富士山が見えるほど雲一つない空でした。



始発電車で出発しても、この時期になると、日の出前には到着ができなく、すでに明るくなって、少し日の光を浴びてガンダムはオレンジ色になってました。




昨日は右腕が撤去されて、ガンダムの状態はこの様な悲しいお姿。























右腕の他にはガンダムのランドセルに装着されているバーニアノズルが4個撤去されてました。



撤去されたバーニアノズルは場内に置かれてました。




昨日はむき出しのまま置かれていたアンテナ部は梱包されて置かれてました。



肩のパーツや腕のパーツは無造作に置かれた状態でした。



ガンダムの解体撤去作業 状況みてきたぁ (終了後12日目 撤去5日目)2017年03月17日 08:17

ガンダム立像 終了後 12日目
解体撤去作業 5日目

本日も始発電車でお台場のガンダムを観てきました。







多少の雲があったものの朝日が射し、ガンダムもオレンジ色になってました。




















昨日の作業では、ガンダムの背中のランドセル部と胸部の上の黄色い部分が撤去され、ランドセルの撤去後は鉄骨がむき出しになってました。










他には胸部の首の近くにある黄色い部分が撤去されてました。




梱包されたアンテナと右手、他にも場内には撤去されたパーツが置かれた状態でした。