「ガンプラ EXPO TOKYO 2020」に行ってきたぁ2020年11月15日 15:57

新宿住友ビルで11月12日から「ガンプラ EXPO TOKYO 2020」が開催されたので、4日間参加してきました。

3年ぶりのガンプラ EXPOだからでしょうか、初日の待機列を見た時は、少しびっくり。

こんなに大勢な人を見るのも久しぶりだったので、感染が心配になったほどです。

待機列にならぶと隣には中国語の集団が、転売目的なのですかね。

でもでも、盛り上がってて嬉しくなりました。




会場の入口前の壁面です。
ガンプラ EXPOって感じでいいですよね。




こちらは、会場の出口付近に設置されているガンダムです。
このガンダムの他、場内にはドムとグフが展示されていました。




会場入り口です。
この奥に大きなLED画面があり、約3分間の動画を見る事になります。




会場入り口から見えていた大きなシールドです。







会場内では、ガンプラの撮影禁止。
撮影OKは以下の展示物でした。



● SD三国創傑伝
・劉備ユニコーンガンダム
・関羽雲長νガンダム
・張飛ゴッドガンダム



● ドム



● グフ



●GUNDAM - DOCK
 このデッキの中に入って記念撮影ができました。



●ユニコーンガンダム
 こちらも手の所に立って記念撮影できました。





●2m巨大ガンプラ組み立て体験会
抽選で当選した方のみ参加できる、巨大ガンプラ組み立て体験会。
子供が参加対象の参加会が多く、その殆どが親子での組み立てをしていました。

























来場者特典のENTORY GRADO GANDAMは、1日目 イエロー、2日目 クリア、3日目 レッド、4日目 ブルーと、日替わりで特典が配布されていました。







限定ガンプラの販売状況です。

●1日目



●2日目



●3日目



●4日目




やはりイベントは楽しいですね。
来年も開催してほしいです。


ところざわサクラタウンに行ってきたぁ2020年11月07日 18:25

昨日オープンした「ところざわサクラタウン」に行ってきました。




今日の目的は、安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のマンホールのお披露目と、8月に撮影した、光るマンホールのグッズ販売、それと「角川武蔵野ミュージアム」で開催が始まった「Newtype 35周年 アニメ・クロニクル」の展示を見る事です。











ところざわサクラタウンに到着すると、目立つのは角川武蔵野ミュージアムの建物で、外壁が石で窓も少ない異形の建造物が見れます。






中央の広場を挟んでアニメホテルやジャパンパビリオンがあるホール等が集まっている建屋があり、そのテナントのほとんどがアニメ関連を扱ったお店がありました。


今日の目的でもある、マンホールのグッズは、「ダ・ヴィンチストア」で販売されていて、店内に入ると、角川関連の書籍の他、アニメグッズも沢山扱っていて、大変混んでいました。

こちらが光るマンホールグッズです。

上3段が缶バッジ、下3段がアクリルキーホルダーです。



この缶バッジでは、安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の4種類と、「ヤマトタケル」の2種類を購入しました。



こちらのアクリルキーホルダーは安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の4種類を購入しました。







角川武蔵野ミュージアム内で開催されている「Newtype 35周年 アニメ・クロニクル」にも行ってきました。

展示内容は、月刊 Newtypeに掲載された、アニメの特集で、詳しくは公式サイトを確認してみてください。


展示の最後には、35年分のNewtypeの表紙が、壁一面にあり、創刊から見ていくと、当時の思い出がよみがえってきました。








ところざわサクラタウンの角川武蔵野ミュージアム前には、所沢市制施行70周年記念「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」マンホール蓋が2種類展示されていました。














こちらは、実際にマンホールの蓋として設置された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のシャアとザクです。






東所沢から離れた所沢駅に設置された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアムロとガンダムです。






「GUNPLA WORLD Ver.40th」みてきたぁ2020年10月31日 20:20

ガンダムベース東京で昨日から始まった「GUNPLA WORLD Ver.40th」の展示を見に行ってきました。


先日までは「GUNPLA WORLD Ver.MG」が開催されていましたが、その展示内容を更新した形で始まった「GUNPLA WORDL Ver.40th」は、ガンプラの歴史を見る事ができる、展示内容になっていました。











ガンプラの展示で大きく分けると、[ガンプラの誕生編]、[HGの進化編]、[MGの進化編]、[RGブランドの誕生編]で、それぞれの代表的なガンプラが展示されています。


●ガンプラの誕生編 展示



●HGの進化編 展示



●MGの進化編 展示



●RGブランドの誕生編 展示








【 ガンプラの誕生編 】

ガンプラの誕生
1/144ガンダムの紹介



多色成型・スナップフットの始まり



HG・MGの誕生



PGの誕生



21世紀のガンプラブーム




現代のガンプラ



ガンプラ30周年の挑戦



ガンプラの可能性



ガンダムベース東京の登場



ガンプラ40周年の進化






【 HGの進化編 】




1/144スケールの新スタンダード



HG SEEDの展開



スライド金型によるパーツ



オールガンダムプロジェクト



ビルドシリーズの始まり



HG REVIVE



KPSの本格採用



GUNPLA EVOLUTION PROJECT



ギミックによる遊びの深化




【 MGの進化編 】




1995 MGの誕生



1996 MG変形機構の世界



2000~2013 RX-78-2 ガンダムの進化 [Ver.1.5~Ver.3.0]



2001~ 宇宙世紀作品以外のMG



2002~ Ver.Kaの世界



2003~ 機動戦士ガンダムSEED MGシリーズ



2005~ 進化するMG(1) [Ver.2.0]



2007 MG100体達成



2007~ 進化するMG(2) [Ver.Kaの挑戦]



2015~ 進化するMG(3) [新たなるVer.2.0]





【 RGブランドの誕生編 】



RG 10年の歩み



RGシリーズの展示







【 プレミアムバンダイ 】

HG エクストリームガンダム(tyoe‐レオス) エクリプス・フェース







MG 百式ライズカイン







来月開催のガンプラEXPO 2020の告知パネルがありました。





快晴で風もあり、遠くの富士山も見えていました。



そろそろ銀杏の葉も紅葉も始まってきて来月には黄色の銀杏が見る事ができそうです。



今日の夕陽と夕焼け。
富士山もシルエットがはっきり見えました。



山下埠頭でV作戦をキャッチしたぁ Vol.112020年10月20日 18:09

今日は横浜 山下埠頭で建設中の「GUNDAM FACTORY YOKOHOMA」のガンダムを見てきました。

午前中の滞在で動いたのは1度だけ。

デッキから出て、各関節部の駆動を確認しましたが、メンテナンスの為の駆動だったようで、先日の演出練習の様な動きは観れませんでした。







デッキの奥に収まったまま、右の肘奥に作業員がなにかしていましたが、これ以上は動きが無かったです。



今日は建屋の壁面に何やら動きがありました。
壁面にシートを張って、ガンダムでしょうか、線画が描かれていきました。






先週の動いている演出はC3のイベント中継の為の練習だったようですね。

この分だと、オープンまではメンテナンスが続くので、ガンダムが動くのは観れなさそうです。

フミナ先輩のガンプラ買ってきたぁ2020年10月17日 23:07

今日は「Figure-rise Standard ホシノ・フミナ」が発売されたので、仕事帰りにガンダムベース東京に行って、購入してきました。


仕事が終了して各所の模型店を調べたら、フミナ先輩のガンプラが完売のアナウンスがされていたので、ガンダムベース東京にならあるかなと思い、行ってみました。


到着早々にフミナ先輩をチェック。
ありました!

やはり在庫量はここが一番ですね。




来月はガンダム00 トランザムのクリアVer.が多数発売。
その展示が始まってました。








こちらは、24日に発売のバウンド・ドックです。
隣にガンダムヘビーアームズがあり、大きさの違いがわかります。











さのすけさんの「コウ・ウラキハロ」です。
Twitterでアナウンスされていたので、チェックしてきました。





発売になったハイレゾリューション ウイングガンダム ゼロEWです。





完売が続いている限定品に代わって、現行商品のドッキングカスタムが展示されていました。

ビルドダイバーズ リライジングガンダムです。




今年はコロナの影響で盛り上がりに欠けているハロウィンですが、ハロウィン仕様のカスタマイズされたガンプラが展示されていました。






本日購入してきた「Figure-rise Standard ホシノ・フミナ」です。


ガンダムビルドダイバーズRe:RISE スタンプラリーに行ってきたぁ2020年10月14日 17:56

今日は休みだったので、横浜で開催されている「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 横浜ウォーク スタンプラリー」に行ってきました。


ガンダムビルドダイバーズRe:RISEのヒロトやヒナタがよく劇中の背景で映っていた横浜の赤レンガ倉庫を拠点に、5カ所のラリーポイントが設けられていて、横浜の港を眺めながら散策して楽しめるスタンプラリーとなっていました。


ゆっくり歩いて2時間弱でしょうか。

観光地とあって、大変人気のスポットですので、沢山の方が行き来してます。

そんな中でスタンプラリーの参加者は平日とあってか、それほど多くはなかったですが、休日は混むものと思っています。


11月29日まで開催しているので、皆様も参加してみてください。
注意は、ポイントの営業開始時間がまちまちなので、始める前に確認してください。


ポイントA
横浜 赤レンガ倉庫
キャラクター:ヒロト



今回のスタンプラリーの景品のクリアファイルにも描かれている赤レンガ倉庫、この場所がストライクがンダムが設置されている場所だと思います。



ポイントB
横浜 大世界
キャラクター:カザミ




ポイントC
横浜 ハンマーヘッド
キャラクター:パルヴィーズ




ポイントD
横浜 人形の家
キャラクター:メイ








ポイントE
よこはまコスモワールド
キャラクター:ムカイ・ヒナタ




スタンプラリーを完走するともらえる景品はガンダムビルドダイバーズRe:RISEのクリアファイルです。

こちらは、よこはまコスモワールドで終了したスタンプ台を見せるとクリアファイルがもらえます。


スタンプラリーの途中でも、終わってからでもいいので、近くに山下埠頭があるので、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの動くガンダムを見てみるのもいいかもしれません。