「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」購入グッズの紹介2021年01月09日 11:17

昨年12月にオープンした「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で発売されている限定グッズの紹介と、購入したグッズの紹介です。



「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」内のGUNDAM-LAB 1階にあるガンダムベース。
この店舗内で限定グッズや限定ガンプラが購入できます。

限定品の購入は1日一人1回となっていて、入場時に購入に必要な用紙が渡され、その用紙が無いと限定品の購入はできません。






店舗に入って直ぐの陳列。
限定ガンプラが平済みされています。


限定ガンプラ
・1/48 RX-78F00 GUNDAM BUST MODEL 5,280円
・1/100 RX-78F00 GUNDAM 3,960円
・1/144 RX-78F00 GUNDAM & G-DOCK 2,750円
・1/144 RX-78F00 GUNDAM 1,650円
・SDガンダムクロスシルエット RX-78F00 GUNDAM 1,320円
・ハロプラ ハロGFYカラー 660円
・ハロプラ ハロスカイブルー 660円








・超合金×GFY GUNDAM 22,000円





・ROBOT魂 RX-78F00 GUNDAM 3,850円
・魂STAGE ACT.G-DOCK 2,200円





・1/144 RX-78F00 GUNDAM & G-DOCK 2,750円




・1/100 RX-78F00 GUNDAM 3,960円









・GFRAME RX-78F00 彩色済フィギュア、ガンダムドッグ セット





・GUNDAM CONVERGE  GUNDAM FACTORY YOKOHAMA





・GUNDAM FACTORY YOKOHAMA ガンダム添景カードウエハース 275円





・養生テープ GFYガンダム 748円






・ピンズ 各種 各550円










・缶バッジ2個セット 各550円



・Tシャツ各種





GUNDAM FACTORY YOKOHAMA×Kitamura


・名刺入れ ベージュ、ダークブルー 各11,000円
・キーホルダー ハロ 5,300円
・キーホルダー デカール 5,000円







タオルとてぬぐい






・てぬぐい 1,980円







・万年筆 GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78F00 GUNDAM 33,000円





GUNDAM FACTORY YOKOHAMA×STRICT-G

・ストラップ
・サングラス
・マグカップ



・GFYキャップ 3,850円
・GFYキャップ E.F.S.F. 6,380円









・フリクションボールペン 各1,100円
・付箋セット 各385円



・ボールペンセット 1,320円





・クリアファイル 各660円





・ポストカード 各330円





・マスキングテープ 各385円






GUNDAM FACTORY YOKOHAMAにいってきました。
お土産各種










・18メートルの夢 2,000円












===== 購入グッズ&入場特典 =====



入場プレゼント 1/200 RX-78F00 GUNDAM




・超合金×GFY GUNDAM 22,000円



・1/48 RX-78F00 GUNDAM BUST MODEL 5,280円



・SDガンダムクロスシルエット RX-78F00 GUNDAM 1,320円



・ハロプラ ハロGFYカラー 660円



・ハロプラ ハロスカイブルー 660円



・ROBOT魂 RX-78F00 GUNDAM 3,850円



・GUNDAM CONVERGE  GUNDAM FACTORY YOKOHAMA



GUNDAM FACTORY YOKOHAMA×Kitamura
・キーホルダー ハロ 5,300円



・GUNDAM FACTORY YOKOHAMA Tシャツ ホワイト×ブルー 3,300円



・GUNDAM FACTORY YOKOHAMA Tシャツ ホワイト×レッド×ブルー 3,300円



・GUNDAM FACTORY YOKOHAMA Tシャツ ブラック×グレー×ホワイト 3,300円



・フィイスタオル 各種





・ポストカード 各種 330円









・ガシャポン各種 500円



・ハロポップコーンケース 2,640円



お台場でガンダム充してきたぁ2021年01月04日 17:15

今日はお台場に行って、ガンダムカフェでお正月限定のおちょこセットとドリンクをいただいてきました。


ガンダムカフェ お正月限定メニュー
「ガンプラもなか付きオリジナルおしるこ おちょこセット」と「フレディのミルクたっぷりコーヒー牛乳」をいただいてきました。

ガンプラ焼きの中にはお餅がいっぱい入っていて、おしるこの中に入れると、とろとろとより柔らかくなって美味しくいただけます。


おちょこは毎年購入しているので、今年で何個目になるのかわかりませんが、毎年干支の絵柄が入っていて、かわいいおちょこになっているのが嬉しいです。





今日は、遠くに富士山が見れました。
ユニコーンガンダムと富士山です。



いい天気でポカポカな日でした。
今年初のユニコーンガンダム デストロイモードです。














ガンダムベース東京では、1月8日から発売されるガンプラが展示されていました。

MG ガンダムベース限定
ガンダムエピオン EW [スペシャルコーテイング]








ガンダムベース限定
ザクⅡ (21st CENTURY REAL TYPE Ver.)






イベント限定
HG ガンダムヘビーアームズ[クリアカラー]







完売が続いている「PERFECT GRADE UNLEASHED1/60 RX-78-2 ガンダム」が展示されていました。




あさみほとりさんが制作した「殺駆頭 闇将軍」が展示開始されていました。




「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」内覧会に行ってきたぁ2020年12月12日 20:45

今日はガンダムファンクラブの内覧会とソフトバンクの内覧会で「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に行ってきました。


ガンダムファンクラブの内覧会は2回行われ、その第一回目の内覧会に参加しました。


集合時間の1時間程前に到着、だれも並んでいない会場への入口付近に並んでみました。



8時を過ぎた頃からスタッフさんが山下埠頭内の案内板を設置するのが遠くから見え、その後、ちらほら集まりだしたガンダムファンクラブの参加者達の元へスタッフさんが来て、まず並ぶようにとの指示。
その時並んだのは40名もいない感じでした。

先頭に並ぶ事ができ、そのまま待つ事に。

8時40分過ぎに、スタッフさんの誘導でいよいよ山下埠頭の「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に。

近づくにつれガンダムは段々と大きさを増してきましたが、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の建屋で見えなくなる所まで来て、施設の横の待機場に並ぶ事になりました。



9時を過ぎ、今度は検温と消毒。
澄ました後、簡易の受付カウンターで、会員証を提示しいよいよ施設内に入場。


ゲート内で開場となる9時半まで待機でしたが、そこには初めて間近に見るガンダムがありました。





関係者以外、ここの施設に立ち入るのはガンダムファンクラブの会員の抽選で選ばれた私達。

一番に見れる幸せ。

嬉しいですよね。

9時30分の入場時は、何かあるのかなと思ってましたが、そのまま開場となりました。



入場して先ずは撮影の準備。

この位置で動くガンダムを撮影する事にしました。



前後の動きもわかるように、ガンダムの斜めから撮影です。

この位置で、動画と写真をたくさん撮影してきました。






こちらが内覧会(一般公開前)での一番最初の動くガンダムです。


場内に演出のアナウンスが終了すると、カウントダウンが始まり、デッキが右側に開きます。





デッキが開くと、ガンダムが台座の部分まで前進します。







オペレーターとパイロットの会話が行われ、ガンダムが前進(歩くように)します。























ガンダムの歩みが終えると、両腕を上げます。















腕の動作が終わると、ガンダムがしゃがみ、カタパルトデッキから発進する様な動きになります。

















発艦後の飛行状態でしょうか、数分間この状態のままでいます。








この動作で演出は終了に向かい、ガンダムがデッキに収納されます。











ガンダムがデッキ内に収納されたあと、頭部が左側に動きます。







オペレーターから頭部を戻す様に促され、正面に向き直ります。



最後にパイロットがオールグリーンと言うのと同じに、ガンダムの目も緑色に光ります。





こちらは第2回目の演出の時に撮影した写真です。

雲が切れ晴れ間が見えてきて、とても素敵な演出になったんじゃないかと思います。



























演出の終わりに、ガンダムが左に向く可動の時、手が開いているのが見えました。





午後のソフトバンクの内覧会の時に撮影しました。
この角度からは、ガンダムの動きがよくわかります。
















ガンダムの足です。
お台場にあったガンダムの足より少し小さくなった感じです。








コクピットハッチに接続されているデッキは行けない場所。
アムロが見た光景ってどんなんでしょうかね。




ガンダムを芯に入れて撮影すると、台座部分の前面に書かれている文字がズレてみえるのは私だけ?

仕事柄すごく気になってしまいました。


















「ACADEMY」の展示施設内です。

動くガンダムの設計や開発などをパネルや展示物で紹介しています。












施設内の壁面に掲示されているメッセージです。
富野由悠季監督のメッセージもありました。





他の利用者がいたので、なかなか撮影できなかった床面の文字やマーク。
他にもガンダムの足等もあったので、次の機会に撮影できたらいいかな。




施設内の自動販売機。
自動販売機はジョージアとのコラボ仕様が3基。

ガシャポンの販売機は結構な数が設置されていました。









11時に終了して施設を出た所です。
この頃になってようやく晴れた感じになってました。









こちらは午後のソフトバンク内覧会が終了時に撮影。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」文字が光って見え、日没後はガンダムもライトアップされる様です。




ガンダムの動きはゆっくりでしたが、立像と違い可動するガンダムが見れたのは感無量でした。

一般公開が始まる19日にもう一度参加してくるので、また違った写真を撮影したいですね。

そうしたらまたブログにアップします~

「GUNDAM Winter FESTA STAMP RALLY」に参加してきたぁ2020年12月05日 19:25

ダイバーシティ東京プラザで「GUNDAM Winter FESTA」が開催され、4日からスタンプラリーも始まったので、参加してきました。


ダイバーシティ東京プラザの館内にスタンプ台が8個所設置されていて、最低4箇所のスタンプを押し、館内で1000円以上の買い物をしたレシートと一緒にゴールにスタンプ台を提出すると、特製ステッカーがもらえます。







8箇所のスタンプ台とキャラクターを紹介。

スタンプは各キャラクターの頭部になっていて、結構綺麗に押せるので、記念にメモ帳にスタンプを押すとかもいいかもしれませんね。



1.ガンダム





2.アムロ・レイ





3.Zガンダム





4.カミーユ・ビダン





5.サザビー





6.シャア・アズナブル





7.Ξガンダム





8.ハサウェイ・ノア






ゴールするともらえるシールです。






ガンダムベース東京には、大きなクリスマスツリーが飾られました。




今日は一日雨が降っていて寒かったのですが、ユニコーンガンダムはかっこよかったです。


「ガンプラ EXPO TOKYO 2020」に行ってきたぁ2020年11月15日 15:57

新宿住友ビルで11月12日から「ガンプラ EXPO TOKYO 2020」が開催されたので、4日間参加してきました。

3年ぶりのガンプラ EXPOだからでしょうか、初日の待機列を見た時は、少しびっくり。

こんなに大勢な人を見るのも久しぶりだったので、感染が心配になったほどです。

待機列にならぶと隣には中国語の集団が、転売目的なのですかね。

でもでも、盛り上がってて嬉しくなりました。




会場の入口前の壁面です。
ガンプラ EXPOって感じでいいですよね。




こちらは、会場の出口付近に設置されているガンダムです。
このガンダムの他、場内にはドムとグフが展示されていました。




会場入り口です。
この奥に大きなLED画面があり、約3分間の動画を見る事になります。




会場入り口から見えていた大きなシールドです。







会場内では、ガンプラの撮影禁止。
撮影OKは以下の展示物でした。



● SD三国創傑伝
・劉備ユニコーンガンダム
・関羽雲長νガンダム
・張飛ゴッドガンダム



● ドム



● グフ



●GUNDAM - DOCK
 このデッキの中に入って記念撮影ができました。



●ユニコーンガンダム
 こちらも手の所に立って記念撮影できました。





●2m巨大ガンプラ組み立て体験会
抽選で当選した方のみ参加できる、巨大ガンプラ組み立て体験会。
子供が参加対象の参加会が多く、その殆どが親子での組み立てをしていました。

























来場者特典のENTORY GRADO GANDAMは、1日目 イエロー、2日目 クリア、3日目 レッド、4日目 ブルーと、日替わりで特典が配布されていました。







限定ガンプラの販売状況です。

●1日目



●2日目



●3日目



●4日目




やはりイベントは楽しいですね。
来年も開催してほしいです。


ところざわサクラタウンに行ってきたぁ2020年11月07日 18:25

昨日オープンした「ところざわサクラタウン」に行ってきました。




今日の目的は、安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のマンホールのお披露目と、8月に撮影した、光るマンホールのグッズ販売、それと「角川武蔵野ミュージアム」で開催が始まった「Newtype 35周年 アニメ・クロニクル」の展示を見る事です。











ところざわサクラタウンに到着すると、目立つのは角川武蔵野ミュージアムの建物で、外壁が石で窓も少ない異形の建造物が見れます。






中央の広場を挟んでアニメホテルやジャパンパビリオンがあるホール等が集まっている建屋があり、そのテナントのほとんどがアニメ関連を扱ったお店がありました。


今日の目的でもある、マンホールのグッズは、「ダ・ヴィンチストア」で販売されていて、店内に入ると、角川関連の書籍の他、アニメグッズも沢山扱っていて、大変混んでいました。

こちらが光るマンホールグッズです。

上3段が缶バッジ、下3段がアクリルキーホルダーです。



この缶バッジでは、安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の4種類と、「ヤマトタケル」の2種類を購入しました。



こちらのアクリルキーホルダーは安彦良和先生の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の4種類を購入しました。







角川武蔵野ミュージアム内で開催されている「Newtype 35周年 アニメ・クロニクル」にも行ってきました。

展示内容は、月刊 Newtypeに掲載された、アニメの特集で、詳しくは公式サイトを確認してみてください。


展示の最後には、35年分のNewtypeの表紙が、壁一面にあり、創刊から見ていくと、当時の思い出がよみがえってきました。








ところざわサクラタウンの角川武蔵野ミュージアム前には、所沢市制施行70周年記念「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」マンホール蓋が2種類展示されていました。














こちらは、実際にマンホールの蓋として設置された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のシャアとザクです。






東所沢から離れた所沢駅に設置された「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアムロとガンダムです。