「機動戦士ムーンガンダム」1巻2巻発売記念サイン会に行ってきたぁ2018年10月07日 20:30

今日は喜久屋書店 仙台店で行われた「機動戦士ムーンガンダム」1巻2巻発売記念 サイン会に行ってきました。




仕事の都合が付いたので、予約もしないまま仙台に急遽向かう事になり、東京駅8時40分発 はやぶさ7号で出発。




仙台駅には10時過ぎに到着。



直ぐに喜久屋書店へ。


6階の喜久屋書店に到着すると、サイン会の案内には締切の文字が無かったので早速「機動戦士ムーンガンダム」1巻2巻を購入して、サイン会の整理券を頂きました。



これで一安心。
店内に展示しているサイン会の告知パネルを撮影しました




「機動戦士ムーンガンダム」発売記念サイン会の告知パネルのほか、虎哉孝征先生の関連書籍も集めて一つのコーナーになってました。






サイン会の会場にはウェルカムボード。

手書きのサイン会告知の案内が描かれていました。





サイン会の会場で、虎哉先生のサインを行う場所。

後ろのパネルもお店側が製作したパネルで、天井からは「機動戦士MOONガンダム」の文字のパネルも。



KADOKAWA ガンダムエース編集部からのお花と「形部一平先生」(左)、「福井晴敏先生」(右)のサイン色紙が展示されてました。






サイン会の当日券も発表がありました。

ちょっとした間違いもありましたが、ご愛嬌って事で。




こちらが整理券になります。




喜久屋書店の店内を散策すると、ガンダムの書籍を集めたコーナーがあり、その一角にこちらがありました。





「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」 『映画化決定!!』の文字。

これまだ発表されていないのに・・・w





こちらは虎哉孝征先生の色紙です。

店内に展示されてました。








サイン会は1部の間に休憩をはさむ第2部まで行われました。

第1部は整理番号1~25番。


スタッフより注意事項の説明の後、虎哉孝征先生が登場。






約40分程でサインが終了。

第1部の時間があまってしまったので、時間いっぱいまで質問タイム。


質問と回答の内容はオフレコって事なのでこちらには記載いたしません。





第2部は26~50番以降。


第1部でサイン中、虎哉孝征先生と言葉を交わす方が少なかったので、その辺もOKですよって告知すると、第2部は一人一人の時間が多くさかれ、予定時間いっぱいまでサインを行っていました。


私の順番が来て虎哉先生の所に行くと、「どこかで見た方が(^^)  こんなところまでありがとう。 お名前はとんにゃんでいいですよね」って言われました。


為書き(サインに入れる名前)の入った整理番号を渡す前に言われて、こちらで(本名)でお願いします~と(^^)


周りにいたスタッフさんに私の説明もしていました。

ガンダムイベントには必ず顔を出す方なんですってw





虎哉先生との会話は「昨日(ガンダムUCの福井晴敏先生の発言)、福井先生がペルフェクティビリティの事を言ってました。」と「福井先生がムーンガンダムは起点になる本なのでよろしく」と言っていた事をお伝えしました。





虎哉孝征先生 サインありがとうございました。




本日サインして頂いた書籍と2巻購入するとプレゼントされるペーパーです。





スタンプはこのサイン会のために作られたそうです。

サラサとキャトルでしょうかね。






サイン会の開催まで時間があったので、美味しい物を頂いてきました。

利休の牛たん定食です。





ずんだ茶寮のずんだシェイクです。








美味しい物も頂き、帰りにはお土産も購入して帰路につきました。

帰りは17時57分発のはやぶさ62号でした。


「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」ファンミーティングに行ってきたぁ2018年06月28日 23:53

ガンダムカフェで開催した「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ファンミーティングに参加しました。



入店して始めにネームプレートが渡され、次にカウンターでスペシャルメニューをオーダー。





オーダーが終わると、各席へと行くのですが、席は自由に選べられたので、大型モニターが見える位置の席を確保。

各テーブルは6グループに分かれていて、各人各々着席していきました。

席について間もなくすると、オーダーしたスペシャルメニューの食事が運ばれてきて、二人目の方がまだ席にもついていないタイミングはとても早く、作り置きかなって感じでした。







【 スペシャルメニュー 】

●バイザーを拾え~ソースチキンカツ&とろっとオムライス~
●シャア専用ザクポテト~フライドポテト スパイシーチリ味~
●アルテイシアの涙~オレンジレモネード~
●量産型ザクアイス~ワッフルコーン 抹茶アイス~





定刻よりやや遅れてイベントが始まり、注意事項等の説明の後、ゲストの方々が入場。


【 ゲスト 】

 谷口理様 (プロデューサー)
 井上喜一郎様 (CGプロデューサー)
 隅沢克之先生 (脚本)
 江上潔様 (演出)
 ことぶきつかさ先生 (キャラクターデザイン)
 明貴美加先生 (メカニカルデザイン)


ゲストの方々が個々に紹介をし、谷口プロデューサーが乾杯の音頭を。

乾杯の掛け声は「ジーク・ジオン!」でした。



その後、ゲストの方々は各テーブルにお一人ずつ座って、各テーブル毎に自己紹介が行われました。


私達のグループには江上様がお越しいただき、作画の事、裏話、安彦良和総監督の事等、お話を聞く事が出来ました。


中でも安彦良和総監督の話では、長年アニメの仕事から離れていた安彦先生が現場復帰されて直ぐに感覚を取り戻し、他の誰よりも素晴らしい仕事をされたとの事でした。

この話を聞いて益々「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のアニメ再開を望みました。
たぶん、周りの皆さんも同じ事を考えていたと思います。


この後は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」を題材にゲーム形式のトークバトルみないた事が行われ、ゲームの前には安彦良和総監督のビデオメッセージが流されました。

このゲームの勝者には安彦良和総監督のアニメーション複製原画に本人自らサインを入れた物がプレゼントされました。



次はQ&Aのコーナーで、ガンダムファンクラブに事前に質問をした内容から選び、その質問に適したゲストの方がお答えするという内容でした。




この後、集合写真を撮影。


最後に締めの挨拶が谷口プロデューサーからあり、「この様なファンとの集いをしたかった」との事をお話しされていました。


挨拶の後は手締め。

対面の方が「エドワゥ・マス!」と言って右手を上げ、その対面の方が「シャア・アズナブル!」と言いながらハイタッチをするという手締めが行われ、イベントが終了しました。


約2時間のファンミーティングでしたが、あっという間に時間が経つほど楽しい時間を過ごすことができました。



最後の最後にゲストの方々がガンダムカフェの出口に立ち、お見送りまでしていただきました。



とても楽しく素晴らしい時間を過ごす事ができたのはガンダムファンクラブのおかげです。
ありがとうございました。






イベント終了後、隅沢先生と江上様にお願いして「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のパンフレットにサインをしていただきました。


ありがとうございました。



隅沢先生とは少しお話もできたので、その時の内容を。

私「フローズン(新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop)とオリジン(機動戦士ガンダムTHE ORIGIN)は同時進行でお忙しかったでしょうか」

隅沢先生「忙しかったよ」

私「フローズン大好きだったので、全て拝読いたしました。」

隅沢先生「ありがとう!」

私「隅沢先生とは角川の(角川書店 現KADOKAWA)チャリティサイン会以来ですね。」

隅沢先生「おお~来てたの! あの時すでにオリジンの話があったんだよぉ。 話していいのか迷っててね。」

私「そんな前から・・・」


って、感じのお話をいたしました。

隅沢先生ありがとうございます。