ギネス世界記録の認定に至るまで2021年09月22日 09:02

突然の発表となってしまいましたが、私的にはやっと認定されたって感じです。


ギネスワールドレコードより、6月7日に「申請されていた記録が認定されました」と連絡が入りました。


申請していたのは、収集していた「ガンダムの本」の数で、1979年から2018年末まで発売された 4217冊、認定数は 4049冊(公式認定記録数)になりました。



申請したのは2019年1月で、2019年はガンダム40周年の記念の年なので、その記念にと思って始めたギネス記録への挑戦ですが、約2年半と時間がかかってしまい、結果 2019年には間に合いませんでした。








『ギネス世界記録に認定されるまで』をまとめました。



主な項目です。

【 ギネスに申請した内容 】

【 申請から認定まで 】

【 ギネスワールドレコードに挑戦する方へ 】









【 ギネスに申請した内容 】

==============================

1979年から放送が始まったアニメ「機動戦士ガンダム」で、放送開始年から2018年までの「機動戦士ガンダム」シリーズの書籍(小説、コミック、資料、画集、台本、模型作例、音譜など)形態の所蔵数の記録を申請。

申請(所蔵)する書籍は「機動戦士ガンダム」シリーズのタイトルまたは「機動戦士ガンダム」シリーズを扱った内容を掲載(特化)し、オフィシャルや出版社より発行された書籍。同人誌は含まない。

シリーズ名
1.「機動戦士ガンダム」
2.「機動戦士Zガンダム」
3.「機動戦士ガンダムZZ」
4.「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」
5.「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」
6.「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」
7.「機動戦士ガンダムF91」
8.「機動戦士ガンダム0083スターダストメモリー」
9.「機動戦士Vガンダム」
10.「機動武闘伝Gガンダム」
11.「新機動戦記ガンダムW」
12.「機動新世紀ガンダムX」
13.「機動戦士ガンダム第08MS小隊」
14.「ターンエーガンダム」
15.「G-SAVIOUR」
16.「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」
17.「機動戦士ガンダムIGLOO」
18.「機動戦士ガンダムSEED」
19.「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」
20.「機動戦士ガンダム00」
21.「機動戦士ガンダムUC」
22.「機動戦士ガンダムAGE」
23.「ガンダムビルドファイターズ」
24.「機動戦士ガンダムGのレコンギスタ」
25.「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」
26.「機動戦士ガンダムサンダーボルト」
27.「機動戦士ガンダムトワイライトアクシズ」
28.「ガンダムビルドダイバーズ」
29.「機動戦士ガンダムNT」
30.「SDガンダム」シリーズ
31.「機動戦士ガンダム」シリーズを扱った外伝
32.「機動戦士ガンダム」シリーズを扱ったオマージュ作品
所蔵している書籍の詳細はWEBに掲載。
サイト名:ガンダム蔵書
URL:http://www.ne.jp/asahi/g-book/zousho/


==============================


以上の内容で、4217冊をギネス世界記録に申請しました。







ギネスワールドレコードに記載されている記録名は「Largest collection of Gundam memorabilia」になります。

直訳するとガンダム記念品の最大のコレクションです。



ギネスワールドレコードのサイトに記録が掲載されていますので、こちらをご確認ください。



ギネスワールドレコードに記録の掲載がされていますが、この記録達成日が2019年9月22日になっています。

2019年9月22日は、証人の立ち合いによる、ガンダムの本の確認をした日です。











【 申請から認定まで 】

以下が申請から認定されるまでの主な経緯です。



● 2019年1月
 ギネスに挑戦する登録を行い、上記の内容を申請。
 申請したガンダムの本の数は4217冊です。


 ギネスワールドレコードより申請番号が送られてきました。

 19011606---- 


● 2019年1月
 契約書が送られてきました。

 登録番号 00541---


● 2019年5月
 ギネスワールドレコードより、提出物の依頼

 (この時点で申請が通り、次の段階に進む形になります)


● 同月証拠物を提出
 証拠物
   収集したガンダムの本のリストを提出
   1979年から2018年12月まで発売されたガンダム本




● 2019年9月
 証人 2名が立ち合い、証拠物(ガンダムの本)のリストを基に、全ての本を確認


 不足の証拠物の提出を求められる
   Cover letter (カバーレター)
   Witness statement  (証人による証明書 ×2)
   Photographic evidence (証拠写真)
   Video of measuring processes (証拠映像)



  < カバーレター >
   ・誰が記録を達成し、記録保持者として登録するのか
   ・何が 記録数値か
   ・いつ挑戦するか
   ・どこで記録挑戦されたか
   ・どのように記録が達成されたか
   ・なぜ記録に挑戦しようと思ったか

  < 証人による証明書 >
   ・独立した立場の正当な証人2人が、挑戦内容を証明するために記入する書類

  < 証拠写真 >
   ・記録挑戦時の写真


  < 証拠映像 >
   ・記録挑戦時の動画




● 2019年10月 証人立ち合いで写真撮影 ※1
  証人2名による、証拠物(ガンダムの本)をリストを基に、全ての本を確認して
  いる所を写真撮影

  その写真と証人の証明書を提出



● 2019年10月
  ギネスワールドレコードより証拠映像の提出を求められる

  ◆証人による確認の動画を?と思いましたが、提出を求められたので、証人に
   依頼して、再度集まって頂きました。


● 2019年11月 ※2
  証人立ち合いで、証拠物をリストを基に、全て確認している所を動画撮影

  6時間~7時間の動画を編集なしに提出しました。



● 2020年9月
  ギネスワールドレコードより、リストに記載されている本の書籍名に「ガンダム」と
  無いものはオフィシャル扱いなのかと問い合わせ有り



● 2020年9月
  書籍名に「ガンダム」となっていない本をピックアップし、その本の内容を説明した
  証拠物を提出



● 2020年10月
  ギネスワールドレコードより、証人による証明書の数値に相違があるとの
  問い合わせ



● 同月 証人の証明書の修正書類を提出




● 2020年12月
  ギネスワールドレコードより、リストに記載の書籍は、オフィシャルグッズや
  アイテムであえる事が必要で、そのリストを再提出する様に求められる



● 同月
  収集したガンダムの本のリスト(証拠物)に記載されているものは、全て
  オフィシャルの公認をへて出版されたものである事を説明し、その説明書を提出



● 2021年1月
  ギネスワールドレコードより、提出した証人の証明書に記載ミスがあるとの
  事で、修正した証明書の再提出を求められる



● 2021年3月
  ギネスワールドレコードより、証人の証明書に記載されている数値と、提出して
  いる証拠物(リスト)で、証人によるガンダムの本と認められた証拠物の提出を
  求められる



● 同月 訂正リストを提出




● 2021年6月7日
  ギネスワールドレコードより、認定されたとの連絡が入る


下記が送られてきた内容です。



『本名 ○○様

ギネスワールドレコーズよりご連絡致します。

この度、貴申請内容がギネス世界記録として認定されました。誠におめでとうございます。

公式認定証を準備しておりますが、送付先をご教示ください。

どうぞよろしくお願い致します。

記録管理部』
  






以上のような申請の流れですが、この間に運営側に優先サービス(有料)を受けると、最短時間での審査が行われるようです。

1年以内に終わるだろうと思っていて、この優先サービスを行わなかったのが、長い時間を要した原因です。



この様な感じで、ギネスに申請し、認定(世界一)を頂いたので、ここに報告させていただきました。









【 ギネスワールドレコードに挑戦する方へ 】

皆様の中にも、収集したものが世界一になるかもしれませんので、こちらを参考にして、挑戦してみてください。



コレクションでギネス申請に必要なものを下記の通りで、ご参考までに。


○ コレクションの詳細なリスト
○ カバーレターの作成 提出 (何故このコレクションでギネスに挑戦したのか等)
○ 証人 最低2名
○ 証人による証明書
○ 証人による確認作業状態(写真提出)
○ 証人による確認作業状態(動画提出)





短時間での記録に挑戦する競技等と違って、コレクションでの申請は、証人による証明が大事になります。

私の場合、4000冊以上の本を確認して頂くだけでも、数時間かかってしまっているので、その時間、証人の方が根気強く本の状態を確認して頂く必要がありました。

この拘束時間は、証人の方も負担がかかってしまいますので、証人を選定する場合は、入念に打合せをする必要があるのかなと思います。

幸い、私が選定した証人は、この確認作業も理解もして頂いたので、長時間の作業は滞りなく終了する事ができました。

何度も言いますが、証人の選定が一番大事な部分かもしれません。



証拠物の提出は、デジタルデータをアップロードする事になるので、写真撮影や動画撮影は撮影したままをなるべく提出してください。

また、証人による証明書は手書きになりますが、この証明書もPDF等のデジタルデータに変換が必要になりますので、スキャナー等があればいいかと思います。

後は私が作成したコレクションのリストですが、こちらの表題だけでも記載します。

○書籍名
○著者
○出版社
○発行日
○価格
○ISBN
○本のサイズ

このリストから、証人に確認してもらうために、チェックリスト(紙)が必要になりますので、証人の確認時に渡し、本と照らし合わせて実際にあるのかを確認してもらい、チェックリストに記入してもらう必要があります。

このチェックリストも提出物になりますので、デジタルデータにする必要があります。

あと、私の場合は、本のリストがホームページでも確認できた事から、書籍毎の写真は求められませんでした。 (作成したリストがガンダム蔵書のホームページの記載内容に準拠していたためかもしれません)




以上の様に、提出物と証人の立ち合いと証明書の発行があれば、ギネスに挑戦する事ができますので、皆様も是非 世界一を目指して挑戦してみてください。

それと、ギネス世界記録への挑戦が初めてだったので、「申請から認定されるまでの主な流れ」で記載した通りの順番で進めてきましたが、ギネスから送られてくる「証拠物の提出に関するご案内」に記載されているカバーレターや証拠物を、ギネスから依頼されるのを待たずに、提出してもいいのかと思います。



『申請から認定まで』の中で、※1と※2は余計な時間を費やした例となります。

2019年9月の証人による確認作業時に、この※1(写真撮影)と※2(動画撮影)を同時に行っていれば、より早く審査が進んだものと考えられます。


また、有料サービスを利用し、申請の許可や審査等を早める事ができるので、金銭的に余裕のある方は、このサービスを利用するのもいいかもしれません。



【 注意 】
最後になりますが、ギネスワールドレコードから送られてくる認定証は、B4程の大きさの紙の認定証になります。
よく、テレビ等で、ギネス記録達成!って渡されるフレーム入りの認定証は、貰えないのでご注意下さい。

このフレームは別途有料になり、25,000円が必要になります。
それと、ギネスワールドレコードがあるイギリスの銀行に海外送金する必要があるので、この手数料もかかります。


海外送金には、銀行口座が必要で、海外送金できる銀行の窓口での対応が必要です。
この書類作成と、銀行の担当者との質疑応答だけでも2時間かかりました。
(北朝鮮等への送金ができないので、送金先が関係していないかとか、受領物が何なのかとか、そのあたりが入念に質問される感じです)


海外送金できる口座があれば大丈夫かと思いますので、この対応は個人毎に変わると思います。






紙の認定証だけでは何か足りない感じがしたので、フレーム代と海外送金代を支払い、ギネスワールドレコードのフレームを入手しました。

このフレームが送金から実際に手元に届くまで1か月半程かかりました。。。







初めから有料サービスを受けていればと、後になって思う所がありますが、こんな感じのマニュアル等は何処にも記載がなかったので、手探り状態で始めた挑戦でした。





今まで、自称世界一と言ってましたが、これからは堂々と世界一と名乗れる様になり、これまでの努力が報われた形にもなりました。

このギネス世界記録の認定を一層の励みととらえ、今後もコレクションを増やせる様にがんばりますので、引き続きの応援、よろしくお願い致します。

ギネス世界記録に認定されましたぁ2021年06月07日 18:00

本日、ギネスワールドレコードより世界記録の認定の連絡を頂きました!


ギネスワールドレコードへの申請は、私が所蔵しているガンダムの本の数で、申請したのは2019年(ガンダム40周年)1月になります。



この世界記録への挑戦を申請して約2年半でやっと認定されました。


記録は4049冊(アイテム数)になります。


先ずはギネス世界記録の認定の一報でした。