「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」初日舞台挨拶の回を観てきたぁ2015年02月28日 23:34

今日からイベント上映が始まった「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」を、新宿ピカデリーの舞台挨拶の回を観てきました。


( 正面入り口付近のポスターです。 )




ガンダムUCのイベント上映と同じ様に、限定品とグッズ販売が行われたので、新宿ピカデリーに7時に到着。

到着時には待機列が裏口を過ぎて、アニメイト店まで達していました。

今回の限定品(限定Blu-ray)は、先行販売で、4月に発売されるのと同じなので購入はパス。



限定品購入待機列には並ばず、そのまま劇場の3階ロビーへ。

(正面入り口の案内)



一般発売されるグッズの購入が目的だったので、その購入列に並びました。

約30人程が並んでいて、20分程で買えました。

挿入歌の限定CD、ポスター、3Dポスター、パンフレットを無事に購入。







3階の売店の販売状況です。

(一般販売品の案内看板)


(トートバッグ)

(クリアファイル)


(プラカードタオル)


(Tシャツ)










(LEDライトキーホルダー)


(シャア専用ザクⅡシールドタオル)


(対艦ライフル マフラータオル)


(ムンゾ マフラータオル)


(シール)


(ジグソーパズル)


(ミニタオル)


(LEDライトキーホルダー)


安彦良和/著「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 24巻」










開場まで時間ができたので、新宿ピカデリーを散策。

1階にはシャアザクの1/1ヘッドが展示。



2階には「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」関連グッズが展示。

HG シャア専用ザク 4月発売予定


ガンタンクは試作品




メガハウス エクセレントモデル セイラ・マス 7月発売予定










ガンダムトライエイジ BUILD G3弾








限定Blu-rayの購入待機列の様子です。

1階 ザクヘッドの隣に人が並んでおり、ここから写真右下の階段に誘導されます。



1階からみるとこんな感じ。





階段に待機列を作り、順番に誘導しています。



中2階に臨時の販売所ができてます。
こちらで、限定Blu-rayの販売が行われていました。




入場の時にもらえる、入場者特典も無事にゲットできました。






1回目の舞台挨拶では、安彦良和先生が何処かに古谷徹さんが来てるんだが・・・と、場内を探していたら、なんと2階の関係者席にいました。
第2章では古谷徹さんが演じるアムロ・レイが出るとの事で、安彦良和総監督よりお願いしますとの言葉をかけられ、古谷さんは「任せて下さい!」と大きな声で答えられてました。

〈舞台挨拶の内容は後日まとめる時間がありましたら、こちらに掲載します〉




今回のチケットです。



会場入口の案内モニタ





カードダス Gのレコンギスタのカードがコンプリートしたぁ2015年02月27日 13:39

ヨドバシカメラAKIBA店で先行販売している、カードダス Gのレコンギスタを回してきました。

計28回で、家に帰って調べたら、コンプリートしていました。
クリアカード20種類、ノーマルカード63種類
ノーマルカードはストーリーカード、キャラクターカード、モビルスーツカード、OP・EDカードがあります。



OP・EDカードの裏面を並べると、一つの大きなイラストになります。



お気に入りのアイーダさんのカードです。
素敵ですね。



前半だけのキャラクタやモビルスーツなので、後半のカードダスも販売してほしいですね。

ガンダムカフェ シャア・アズナブル フェアに行ってきたぁ 2回目2015年02月24日 11:28

GUNDAM Cafe シャア・アズナブル フェアに行ってきました。

今日のオーダーは「雌状の路地裏にて」と、ドリンクは「クラウレ・ハモン」です。
「雌状の路地裏にて」はドライカレーで、結構な辛さ。




「クラウレ・ハモン」はカクテルです。




プチプレートはキャスバル&アルテイシアでした。




コースターはアルテイシアでした。


クラッシャージョウ上映会、高千穂遙先生サイン会に行ってきたぁ2015年02月23日 20:55

2月22日はクラッシャージョウの上映会が新宿のシネマート新宿で開催されたので、行ってきました。



上映は15時30分からでしたが、14時から原作者の高千穂遙先生による「クラッシャージョウ 美神の狂宴」発売記念サイン会が行われたので、こちらも参加してきました。



書籍は勿論、他にもリクエストに応えていただき、いろいろとサインをされていました。

私は前回(1月17日開催クラッシャージョウ復活上映会)の時に、佐々木るんさん(アルフィン役)から、クラッシャージョウのパンフレットにサインをして頂いていたので、高千穂先生にお願いして、そのパンフレットにサインして頂きました。



こちらがクラッシャージョウ12巻 美神の狂宴のサインです。




こちらがクラッシャージョウのパンフレットのサインです。




会場のシネマート新宿のロビーには、前回にはなかったコルドバが展示されていました。

こちらはプロモデラー竹下やすひろ氏の製作【1/ 2400 コルドバ ガレージキット】です。






上映前にはトークショーが開催されました。
出演はクラッシャージョウ役の竹村拓さん、アルフィン役の佐々木るんさん、原作の高千穂遙先生です。




最後には、ミネルバがワープする際の状態を、登壇者と場内の皆さんが一緒に「ワープイン!」と叫ぶイベントも行いました。
この「ワープイン!」と叫ぶ過程まで、登壇者の皆さんが劇中のセリフをBGMにのせてアフレコ(実際には画面映像がなかった)が行われました。
タロス役にはなんと高千穂先生が声をあててました。

トークショーの終わりに、司会の方からお知らせがあり、3月に開催のアニメジャパンに出店する、タカラトミーのブースで、アルフィンの新商品が発表されるとの事でした。



上映が終わると、場内からは拍手が沸き起こり、一緒に観ていた佐々木るんさんが挨拶をされてました。


佐々木るんさんが退場される時に、お声掛けさせて頂き、差入れと名刺を渡す事ができました。
ツイッターでしか会話した事が無かったのですが、名刺を見て、あっ知ってます!って。
嬉しかったです(^^)




またクラッシャージョウの上映会が行われる様に、ドリパスの上映リクエストをしないとですね。


サンライズのサイトにクラッシャージョウ上映会のレポートが掲載されてます。

ガンダムカフェ シャア・アズナブル フェアに行ってきたぁ2015年02月22日 19:32

ガンダムカフェのシャア・アズナブル フェアが2月5日から始まり、20日より「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」のメニューに切り替わったので行ってきました。

プチプレート付きのフェアメニューをオーダーしてみました。

ザクヘッドのライスは「ルウムの星海を越えて」で、リゾットになってます。
 (情報によりますとサラミはシャアが撃墜した「サラミ(ス)」の5隻の数だそうです。)


ドリンクは「アルテイシア・ソム・ダイクン」でパイナップルベースでとても美味しかったです。



コップの縁にはアルテイシアの飼い猫ルシファがいます。



プチプレートはキャスバルとアルテイシア。



コースターは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル」でした。




フェア連動したプレートです。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN メモリアルプレートで、青い瞳のキャスバルのポスター画と同じ絵柄がプレートに描かれています。
この画の作画はことぶきつかさ先生です。





ガンダムさんのTシャツも発売さてます。






有隣堂AKIBA店 安彦良和先生 複製原画展に行ってきたぁ2015年02月21日 20:10

有隣堂AKIBA店で今日から始まった安彦良和先生の「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」複製原画展を観に行ってきました。

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 24巻発売」を記念してガンダムエースに掲載された原画(複製)の展示がはじまりました。

場所は、ヨドバシカメラAKBA店の7階、有隣堂書店内にある展示場です。

開催期間は2月21日~3月13日

詳しくは有隣堂のサイトでご確認下さい。





安彦良和先生の複製原画は、この様に展示されていました。



全部で11点が展示されていました。
























安彦先生の線画が観れるほど近くでみれますので、是非観て下さい。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル プレミア上映会に行ってきたぁ2015年02月15日 21:12

今日は日比谷公会堂で開催された『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 青い瞳のキャスバル』プレミア上映会に行って来ました。

戦闘シーンは冒頭のみで、ここでルウム戦役でのシャアの活躍が描かれて、「機動戦士ガンダム」ファンをぐっとつかむ感じにします。

その後、ムンゾの中での出来事、キャスバルの幼少期になりますが、安彦良和先生のキャラクター設定なので、違和感なく入れました。

【ここはネタばれありです。ご注意ください。】
 コミックのシャア、セイラ編を読んでいればわかってしまいます。

ストーリーはムンゾでの出来事、ジオン・ズム・ダイクンが疲労の色濃く登場し、後に死亡するが、ここに至るまでをみる限り、暗殺ではない様な感じに受け取れます。
(初めてジオン・ズム・ダイクンに声(津田英三氏)があてられてます)
このダイクンの死亡を利用し、ザビ家が動き出し、メディアによってラル家に矛先が向けられるこのあたりの経緯は、流石安彦先生と言いたくなる様な展開です。
この前半で、もう一つの大きな出来事はサロス・ザビの暗殺で、その陰にキシリア・ザビが見え隠れするあたりの展開も気にして観るのもいいかと。
後半はキャスバル・レム・ダイクンとアルテイシア・ソム・ダイクンがアストライア・トア・ダイクンと別れ。そして、ムンゾのを脱出するまでが描かれておりますが、クラウレ・ハモンの活躍が見所です。
このストーリーの進行を考えると、4部構成だとして、1巻1話になるって事ですかね。
コミック9巻のキャスバル、セイラ編前編がこの青い瞳のキャスバルにあたる事からすると、第2部はコミック10巻キャスバル、セイラ編後編になります。
そして、11巻開戦編前編、12巻開戦編後編で4部構成。
となると、やはりガンダムは出てこないのかな。



声優の方々

ザビ家の方々は銀河万丈さん(ギレン・ザビ)以外が一新されているので、少し戸惑いがありました。
幼少のキャスバル、初めてガンダム作品に参加されたした田中真弓さんは、アフレコの時はとても緊張したそうです。
お声はとっても素敵でした。

トークショーで、安彦良和先生が言ってましたが、キャスバル役は田中真弓さんに決めていたそうです。

アルテイシア役は潘めぐみさん。
こちらもキャラクターに合ってて良かった。
キャラクターのアルテイシアはあまりの可愛さにやられてしまいました(^^)
場内に展示されていたアルテイシアの設定画やアニメーション原画には、沢山の方が写真撮影をしていて、この作品で一番人気なんだなと、感じました。

ランバ・ラル役は広瀬さんは間に合わなかったのですね。残念。。。

今日一番はクラウレ・ハモンさん。
とっても魅力的で、連邦軍の軍服姿は最高でした(^^)


ストーリーはとってもテンポが良く、非戦闘シーンでも引き込まれていき、キャスバルの魅力が時間が経過する毎に増します。
また、一年戦争に登場した脇役達が随所に現れ、こちらも楽しませてくれます。

劇中、機動戦士ガンダムで使用された音楽もかかり、懐かしいのと嬉しいのが感じられます。

安彦良和先生の作ったガンダム作品が見られて大変満足でした。

興行収入が良ければ、4話で終わらず、少し長く観れそうな事を言っておりましたので、劇場には行けるだけ行き、観てこようと思った次第です。

2階席で、スクリーンから遠かったので、今月末から始まる劇場上映は、大きな画面で楽しみたいと思います。

やぁ〜素晴らしかった。





日比谷公会堂
開場20分前で、沢山の方が並んでいました。


ステージ
中央はスクリーンで、その前には舞台があり、下手側(左側)にゲストの安彦良和先生、池田秀一氏(シャア役)、田中真弓さん(キャスバル役)、藩めぐみさん(アルテイシア役)が登壇され、トークショーを行いました。



青い瞳のキャスバル 告知ポスター



Blu-ray、DVD発売告知ポスター
この会場で予約すると、このポスターがもらえました。



機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル
Blu-ray Collector's Edition



ガンダムトライエイジ
BUILD G3弾






会場にはアニメーション原画、アニメーション設定画、原作コミックの原画等が展示されていました。
その一部をご紹介します。


【アニメーション原画】

デギン・ソド・ザビ



ギレン・ザビ



ドズル・ザビ



黒い三連星
ガイア、オルテガ、マッシュ



左より
 アルテイシア、アストライア、キャスバル



キャスバル・レム・ダイクン





アルテイイシア・ソム・ダイクン



アルテイシアとランバ・ラル



ランバ・ラル



クラウレ・ハモン



クランプ




【 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN コミック原画 】






【 設定画 】

キャスバル・レム・ダイクン







アルテイシア・ソム・ダイクン







ルシファ



シャア・アズナブル



ギレン・ザビ



ランバ・ラル



クラウレ・ハモン





ガンタンク初期型 コクピット等



ザクⅡS型 シャア専用ザク



ザクⅠ



ザクⅡR-1A型 高機動型ザク (オルテガ、マッシュ機)



ザクⅡ 武装 対艦ライフル



ザクⅡ 武装 ザクマシンガン


ワンフェス2015に行ってきたぁ2015年02月08日 19:53

今日はワンフェス2015Wに来ました。

ガンダム関連の展示は殆ど無いのですが、プロモデラーのオオゴシトモエさんがフジミ模型で製作実演を行うとの事だったので、ご挨拶がてら伺ってみました。

実演で作ったのは1/700大和、結構なパーツ数でしたが、2時間お二人で作って、いい所まで仕上がってました。








聞いて見てと、簡単そうに組んでましたが、私には無理w 老眼で細かいパーツが見えませんでしたw










この製作実演の前には、あさみほとりさんと五十嵐浩子さんお二人によるちび丸艦隊大和の製作実演が行われたので、こちらも参加して作っているのを一番前で見させていただきました。

手のひらサイズで、大和をSDぽくデフォルメされていて可愛い模型ですが、なかなかどうして、お二人で2時間と言う時間をかけて作り上げる程、良く出来た模型でした。


製作実演が終了して、後ろにいたオオゴシトモエさんを発見、お声掛けすると、お二人が心配で見ていたと。。。

オオゴシさんにとって教え子さんなんですね。
お二人を見つめる目は優しさでいっぱいでした。




完成した「ちび丸艦隊大和」を手にし、嬉しそうにしているお二人(^^)





今回作成した「ちび丸艦隊大和」です。
ロビと一緒(^^)



こちらは五十嵐浩子さんが作成したちび丸艦隊大和で、展示されてました。



こちらはあさみほとりさんが作った三連装砲ネックレスです。



あさみほとりさん、五十嵐浩子さん、お疲れ様でした!







ガンダム関連とアルペジオ関連をまとめました。



【 メガハウス 】

機動戦士ガンダム セイラ・マス  2015年7月発売予定





ガンダムビルドファイターズ イオリ・リン子(水着Ver.)




ガンダムビルドファイターズトライ ホシノ・フミナ 




商品化決定
ガンダムビルドファイターズトライ カミキ・ミライ
ガンダムGのレコンギスタ アイーダ・スルガン




機動戦士ガンダムUC レウルーラ






【 電撃ホビーマガジン 】

電撃ホビーマガジン 4月号付録
HGBCアメイジンググレヴDの展示と作例



Hi-νガンダムヴレイブアメイジング


デルタガンダムアメイジング


ドーベンウルフアメイジング


百万式アメイジング



【 AOSHIMA 】

蒼き鋼のアルペジオ アリス・ノヴァ DC 1/4 タカオ







【 アゾンインターナショナル 】

蒼き鋼のアルペジオ イオナ







イオナのコスプレさんもいました。



【 GOOD SMILE COMPANY 】

蒼き鋼のアルペジオ イオナ


ねんどろいど イオナ




【 ALTER 】

蒼き鋼のアルペジオ ハルナ




ガンダムエース3月号買ってきたぁ2015年01月26日 20:48

本日発売になったガンダムエース3月号で、書店の特典付きがあるとの情報で、とらのあな店とアニメイト店に行って買ってきました。
また、通販でも特典付きを予約しており、今日届いたのはアニメイトで注文したガンダムエースです。


特典はArk Performance先生の描き下しの「機動戦士ガンダムMSVジョニー・ライデンの帰還」と「蒼き鋼のアルペジオ」のコラボポスターです。

こちらがそのポスターでジョニーライデン専用ゲルググとレッド・ウィライン、イ401とナが描かれております。




特典のまとめ
写真左 アニメイト通販 4つ折り
写真中央 アニメイト店頭渡し 2つ折り
写真右 とらのあな店頭渡し 折りなしの丸め



明日にはメロンブックスで注文したガンダムエースが届くと思われるので、特典の情報の状態が分かり次第更新いたします。

クラッシャージョウ復活上映会に行ってきたぁ2015年01月18日 11:45

ドリパス(観たい映画をリクエストし、映画館で上映させるという企画サイト)の企画で、昨日は『クラッシャージョウ』がシネマート新宿で上映されたので、観に行ってきました。

クラッシャージョウは1983年に劇場公開。
安彦良和先生が監督とキャラクターデザインをされた作品で、原作は高千穂遙先生。

機動戦士ガンダムの劇場3部作の公開が終わり、安彦先生の作品と言う事もあり、当時は注目を集めておりました。
私は小説のクラッシャージョウを読んでいた事もあり、当時公開が決まった事はとても嬉しかった記憶があります。


クラッシャージョウの復活上映会は19時からですが、18時過ぎに到着してみると、数人の方がすでにおられました。

エレベータホールにはクラッシャージョウのポスターが展示されてました。




ホールにはクラッシャージョウのポスターとファイター1、ファイター2の模型が展示されてました。









この日、ファイター1とファイター2は特別販売されていました。





電子版のクラッシャージョウのパンフレット告知です。




ゲストはクラッシャージョウ役の竹村拓さんとアルフィン役の佐々木るんさんで、上映開始前の時間に舞台挨拶が行われました。

内容

竹村さん
「みなさん、31年振りでか(笑) 31年・・・ぞっとしますね(笑)
僕が大きいスクリーンで観たのが大阪だったと思うんですけど、その時以来ですから、ちょっとワクワクしております。久しぶりに大きい映像で観れるというので、皆さんと一緒に楽しく観たいと思います。よろしくお願いします。」

佐々木さん
「みなさん、寒い所ありがとうございます。佐々木るんです。
31年ぶりですね(笑) 笑いしかない様な気もしますが(笑)
今日はですね、みなさんと31年前に帰ってほんとうに楽しみたいと思っています。
皆さんに気持ちをシェアして頂きたい事がいっこありまして、丁度2日前ですかね、マーフィの親分が天国に逝かれました。
大好きな悪役、ブロンソンの頃から大好きだったんですけど、今頃大塚明夫ちゃんも涙に暮れているんじゃないかと思います。
ですから、マーフィが出てきたら思いを一緒にしてちょっとお祈りしてあげてください。
よろしくお願いします。」


司会
「この中で31年前観ました方どのくらいいらっしゃいますか?」

会場内のほとんどの方が挙手(笑)

佐々木さん
「みんないくつだったんでしょうね(笑)」

司会
「平均年齢40代以上(笑)」
「この中で20代って方いらっしゃいますか?」

会場内1人?か2人。


司会
「当時のクラッシャージョウはサンライズとして大々的に劇場でおりましたので、お二人には全国行脚をやって頂いて、お二人と安彦さんと高千穂さんと」

佐々木さん
「いつも一緒だんたんですよ。4人は今でも仲良しです(^^)」

司会
「まわって頂いて、その辺で何か思い出があれば。」

佐々木さん
「そうですね・・・」

竹村さん
「札幌?!」

佐々木さん
「さっぽろ(笑)札幌ね」

竹村さん
「札幌で接待をしてもらって、美味しい物を食べて、じゃあ宿の帰ろうかって言ったらるんがラーメン食べたいって」

佐々木さん
「札幌に行ったらラーメンでしょ。 たぶん残しましたけどね。」

竹村さん
「そうでしょ」

佐々木さん
「そうだよね。避難轟々でしたけど。」
「札幌にいっぱいタヌキさんが並んでてですね、ちょっと似てる人がいてね、『ちょっと似てない?』って言ったら、それからすっごい機嫌が悪くなって(笑)
その方からメッセージがありまして、今日は安彦さんは・・・(笑) 今日は安彦さんが何で忙しいかご存知ですよね。ガンダムオリジンでとっても忙しいので、行けなくてごめんねってメールが来てました。
みんないい思い出を残して、楽しんで帰ってねってメッセージがありましたよ。」

「高千穂さんの方はもう直ぐ本がでますよね。ジョウの新刊が。」

司会
「うちではない所からなんですけども、2月22日に『びじんのきょうえん』という最新巻 シリーズ12作目が出る事になりました。
なかなか字が読めなくて、美しい神と書くんですが、スタジオぬえさんに電話して『なんて読むんですか』って聞いて、担当の方も分からないんで本人に聞いて、やっとわかったと(^^)
たぶんほんとうにちゃんとわかっている方はここだけじゃないかと思いますんで、美神の狂宴と言うものが早川書房から出ます。」

佐々木さん
「狂宴ですもんね。
狂うって書くんですよ。
放送禁止用語じゃないですかね。
小説ですから大丈夫ですね。」

司会
「高千穂さんもこれをやる事は話をして、ツイッターでいろいろ宣伝をしていただきまして、チラシを配ろうかなと話をしてたんですけど、画が上がってないって話を・・・」

佐々木さん
「安彦さんですね。」

司会
「本は上がってると聞いていますので。」

佐々木さん
「オリジン忙しいですものね。」

司会
「オリジンは・・・ま・・・えっと、はい。」

佐々木さん
「みなさん、2月28日ですよ。 2月28日がオリジンの公開日ですよね。」

司会
「オリジンの告知していいか悩んだんですけど、フィルムとしてはできていますので、安彦さんの作業としては1回目は終わってます。次の所をがんばってる感じです。」

佐々木さん
「出来がいいんだよ。観てねって書いてありましたよ。」

司会
「はい。あの~みなさん観てください(^^)」

「収録でのエイソードとかは・・・」

竹村さん
「収録は・・・へたくそ~」

佐々木さん
「へたくそ~なのは拓と私だけだもんね、あとはそうそうたるメンバー」


=== この間の会話が聞き取れませんでした。。。 ===

竹村さん
「やっと主役できるんだ。すごいな~がんばんな~」

佐々木さん
「フフフ だって私アルフィンの画を自分の部屋にオーディションの後になかなか決まらなくって、ジョウが決まらないから、1カ月くらいず~っとアルフィンの安彦さんが描いたお尻くねくねと動く入ってくる所あるでしょ、あの画をず~っと貼っといて、毎日オーディション受かります様にってお願いしてたんですよ。ねぇ(笑)」

司会
「竹村さんはその時新宿の・・・」

竹村さん
「僕はすぐ隣のビルの7階で料理屋のフロアマネージャをやっておりました。
高千穂さんがそこに来て、『やっていただけますか?』って、半ば脅しながら。怖かったですよあの人革ジャン着て来まして(^^)」

佐々木さん
「そうだよね、バイクにハマってたよね。」

竹村さん
「今は自転車でしょ。」

佐々木さん
「そうそうそう。 昔はかっこよかったよねぇ(竹村さんが「昔はね」)そうそうそう、そしたら返事帰ってきませんでした(笑)」

竹村さん
「今もかっこいい。」

佐々木さん
「今もかっこいいですね。」

「今日は酔っぱらうシーンもありますので、そこはみんなでワイワイ言って一緒に観てもらいたいので、周りが騒がしくてもそれは無礼講でお願いします。」

司会
「今日は専門チャンネルでHD版を放送したんですけど、それと同じマスターで上映いたしますので、凄い綺麗な映像で観れます。」
「お二人はこのまま客席にいきますので、最後に一言」

竹村さん
「是非、僕も楽しんで観ますので、31年ぶりの感動を共有したいと思いますので、よろしくお願いします。」

佐々木さん
「私も皆さんと一緒にワイワイ一視聴者になって観るのが夢だったので、今日はすごく嬉しいんです。一緒に楽しんでいきましょう!」







上映後、会場が暖かい拍手に包まれる中、お二人がスタンディングし、挨拶をしてご退場されました。

こんなに暖かな雰囲気の上映会はなかなかないですね。
これも竹村拓さんと佐々木るんさんのお人柄が皆さんの心を暖かくしたからでしょうね。
良い上映会でした。







上映の後、退場して、劇場の入口で大好きなアルフィン役の佐々木るんさんを待つ事に。

40分くらい待った頃、お一人で出て来られた所をお声掛けしました。

「るんさんお疲れ様でした。」

るんさん
「待ってたの?寒かったでしょ ごめんね」

もう、この一言で寒さを我慢して待ってた甲斐がありました。
お話できて嬉しい(^^)

るんさん
「いくつの時(31年前)に観たの?」

「こう見えて今年50歳なんです。。。」

るんさん
「え?」

「高校生でした(^^;」

こんな会話もしました。
他にゲームお仕事のお話も聞けましたが、まだ発表できないとの事でした。


そして、お願いしてパンフレットとポスターにサインしていただきました。









佐々木るんさん ありがとうございました!
大切な思い出となりました。









クラッシャージョウ復活上映会に行く前に、書庫に寄ってクラッシャージョウ関連を漁ってました。

こちらは高千穂遙先生の著書「クラッシャージョウ」の本で、朝日ソノラマ版です。



クラッシャージョウの劇場版パンフレットと挿入歌のレコード、それと朝日ソノラマ版の「クラッシャージョウ虹色の地獄」です。



クラッシャージョウの物語は大好きなので、2月に発売される高千穂遙先生の新刊が出たら直ぐに読みたいと思います。
それと、また復活上映を観に行きたいです。