へたれガンダムに会ってきましたぁ2021年10月10日 22:53

今年の4月に青森にあるガンダムカットの床屋に行き、とても感動したのをきっかけに、今度は福島のガンダムを見に行きたい思いでバイクを購入し、今日やっと夢が叶いました。

福島にある鉄製アートのガンダム、通称へたれガンダムに会ってきました。


交通検索で、このへたれガンダムまでのルートを調べると、約4時間程で行けることがわかり、そこからいろいろと準備して、今日の実行となりました。


4時半に東京から出発。

バイクで走ると結構な寒さで耐え切れず、5時30分佐野PAで休憩する事に。

高速を走るのを再開しても、寒さで手がしびれる等、40分程で休憩を入れるなどをして、へたれガンダムに到着したのは10時過ぎになりました。

ここまで5時間半はかかった事になります。

予定の4時間とは、走り続けてこの時間でしたので、とても私の年齢では無理でしたw




ナビの案内を見ながらきましたが、へたれガンダムを確認した頃は通り過ぎてしまうほど、なんの変哲もない場所にそのへたれガンダムが立っていました。





へたれガンダムです。

意外と大きく、2メートルは超える大きなガンダムでした。


周りは小山や畑、田んぼが周りにある場所に、このへてれガンダムが立っています。


























へたれガンダムの手や関節、武器等をアップで撮影してきました。







武器の盗難にあってから、ファンの方が武器を寄贈し、その武器が多くなったので、武器の置き場所が出来たようです。













左手です。
この形も鉄で作ったのでしょうか。
よくできていました。




よく見ると、お金が置いてあります。

また、塗装を直してから2年程?になると紹介ページにはありますが、至る所に錆が出始めていました。





へてれガンダムの台座の部分です。
足の下には鉄でできた基礎があり、これでガンダムが倒れないようにしています。



腕の関節の部分です。
この関節が動けば、武器を持つ手も少し変化できたのかもしれません。




右手の部分には、ガンダムハンマーがありました。





ファンの方の寄贈でしょうか。
足元に飾られていました。






大きさの比較に、167cmの私とへたれガンダムさんと一緒に撮影してみました。




そして、今回ツーリングに使用したVT250Fです。
へたれガンダムと一緒に撮影してみました。



周りには畑や田んぼがあるだけの場所にへたれガンダムがいる事で、記念撮影する人が絶えず訪れていました。

塗装の改修前に来た方からお声掛けを頂いて、その方は以前錆だらけのガンダムを見たので、今回この綺麗に塗装されたガンダムが見たく、また訪れたそうです。

なんとも言えない不格好なへたれガンダムですが、多くの方から愛されているんだなと、この場所に行って思いました。



青森のガンダムカットの床屋に行き、今回のへたれガンダムに会い、次は山口のZガンダムを見る事が目標?でしょうか。


いつか機会があったらZガンダムを見に行ってきたいですね。


この場所以外に、ガンダムのモニュメントや立像がある場所をご存じの方、お知らせください。

公式以外で、ファンの方の作成したガンダムを見てみたいです。






ツーリングを終えて。

若い時は、平気で200Kmをノンストップで走ったりしていましたが、この歳になると、40分~50分程で右手がしびれてきて、限界を感じました。

下の立ち寄り個所を記載しましたが、休憩が多く、片道4時間と見込んでいましたが、実際は5時間半もかかってしまいました。


へたれガンダムに会いたく、バイクを再購入して、今日やっと実現できました。
一つ夢が叶った様で、今はとても幸せな気持ちです。

ただ、体のあちらこちらで痛みが出て、この様な長距離のツーリングはこれで最後なのかなと思いました。







本日の立ち寄り個所

5時30分 佐野PA
6時30分 上河内SA
8時00分 安達太良SA
9時40分 福島松川PA  ここから高速道路を出ました


帰路
11時30分 福島松川PA ここから高速道路に入りました
12時00分 安達太良SA 昼食
13時40分 那須高原SA
14時20分 矢坂北PA
15時00分 都賀西方PA
加須のIC手前 3キロの地点で、ガス欠の様な症状でエンジン停止
一旦停車して、リザーブに切り替えてエンジンスタート。
念のために加須ICで高速を出て、給油。
16時30分 久喜ICから高速道路に入りました
17時40分 到着





帰路でちょっとしたハプニングがあり、ガス欠の様な症状でエンジンが停止してしまい、急遽路肩に停止せざるを得ませんでした。

ちょっとパニックになってしまいましたが、症状から燃料タンクのスイッチをリザーブに切り替えた所、エンジンが再始動。

念のためにゆっくりと走り、一番近いICの加須で高速道路を出て、近くのガソリンスタンドを探す事に。

グーグルマップで検索すると、1Km程の所にガソリンスタンドが有る事を確認して、そこに行き、給油。

ガソリンを入れて、数字を見ると6Lと。

ガソリンタンクの容量は確か14Lだったはずで、半分はタンクに入っていた事に。

そこからよくよく考えたら、以前所有していたVT250Fの初期型も同じ症状が出た事があり、ガソリンタンクのエンジンに給油する方にタンクにガソリンがなくなった事が原因ではないかと思われます。

同じ姿勢(水平走行)で走っていると、供給する側のガソリンだけが減って、その反対側のタンクにはガソリンが残っている状態になり、ガス欠の様な症状になったのかと思います。

街中を走行すると、カーブや交差点で、車体を斜めにするので、この様な症状は起こりませんが、高速道路を走行すると、殆ど車体は平行のままでいるので、この様な現象になるのかなと、後で気が付きました。

あの時、車体を左側に倒し、ガソリンをそちらに流せればこの症状が起こらず、高速道路で停車する事もなかったかもしれません。

ちょっと焦ったバイクツーリングでした。


VT250Fでツーリングしてきたぁ2021年08月01日 14:13

今朝も暑くなる前にVT250Fでツーリングしてきました。

先週と同じ浦安港に行ってきました。


もう少し早く到着していれば日の出も見れましたが、これも綺麗な朝陽がみれてよかったです。






VT250Fの撮影もまたしてきました。




























VT250Fでツーリングに行ってきたぁ2021年07月25日 13:26

ツーリングと言っても40分程の距離ですが、思い出の場所に行ってきました。

20歳頃、バイクでよく行った場所にまた行ってみたく、朝食も取らずに出かけました。


その場所は浦安の港。

高校が浦安で、友達も地元が多かったので、よく遊んでいたのが浦安。

バイクに乗るようになると、交通機関以外の移動手段ができた事で、その浦安市街から少し離れた海によく行ってました。


当時、港までの道はできていましたが、工場が少し建つくらいの更地が多く、ゴルフの練習をしている人がいたほど開けた場所でしたが、30年ぶりくらいに訪れてみると、車道の周りは工場の建物でいっぱいでした。


道路の行き止まりにあるUターンの場所は当時のままで、そこにバイクを止め、港に行ってみました。

そこは当時のままの景色が広がっていました (^^)





先週、バイクのタイヤを新品に交換して、まだ馴らしが必要な感じだったので、今日は浦安まで出かけてみました。


バイクも撮影してきましたぁ














【 ノーマルからのカスタマイズ 】


VT250Fを購入して納車され約2か月が経ちますが、その間にいろいろと取り付けてみたり、交換してみたりしましたので、ちょっと紹介します。


[1] バックミラー交換
 VT250Fのノーマルのバックミラーはカッコがいいのですが、いまいち後方の確認がしずらく、この写真のバックミラーに交換しました。
 少し凸面鏡になっているので、ワイドに見え、ミラーの位置が高くなったので、後方もだいぶ見れるようになりました。



[2] MORIタンデムバー取付
 当時のMORIタンデムバーをオークションで購入して取り付けました。



[3] ドライブレコーダーの取付
 昨今、事故や煽り等の記録が重要となっているので取り付けました。

[4] ETCの取付
 高速道路を通行するのに取り付けました。
 料金所で停車してバックからお財布出してお金出して、通行料金を払っていた30年前とは大違い。
 この便利なアイテムはもう手放せないですね。
 バイクには一番必要かと思います。



[5] スイッチの取付
 ドライブレコーダーとETCのメインスイッチを設置してみました。
 VT250Fのバッテリーはお世辞に言っても少し貧弱で、大きなバッテリーに変更しようにも収納スペースの問題から断念。
 そこで、始動時の電圧不足を解消するために、ドライブレコーダーとETCのメインスイッチを設置しました。
 エンジン始動後にこのスイッチをONにして通常使用になります。


[6] ヘッドライトをLEDライトに変更
 バッテリーの容量不足の解消の一つに、ヘッドライトをLEDライトに変更しました。
 ワット数は12Wとなった事で、バッテリーの負荷も軽減されています。


[7] テールランプをLEDに変更
 これもバッテリー容量不足の解消のために交換しました。


[8] シュガーソケットとUSBコネクタの取付
 スマホをナビとして使うので、その充電に必要な電源として取り付けました。
 また、冬に使用する予定のヒートグローブ。
 電熱線がグローブに入っていて、その電熱線の電源に必要だったので取り付けました。


[9] 前後タイヤ交換
 車体の状態はすこぶるよかったのですが、タイヤだけはクラックが入っていたので、交換しました。



外観はあまり変更したくないので、このあたりでカスタマイズは終了って感じです。

オリンピックの開催期間中は、都内には専用の通行帯ができ渋滞が多く、首都高速は通常料金に上乗せされた高額な通行料金になっているので、この夏はあまり多くは出かけない予定です。

休みの時に乗る感じになりますが、都合付けば遠くまでツーリングに行って来たいと思います。

バイクが納車されたぁ2021年06月05日 20:46

5月に購入を決め、ナンバーの交付手続き等を代行してもらい、駐輪場の契約も完了した事から、本日バイクが納車されました。



30年以上バイクに乗っていなく、購入前は不安でしたが、こうして納車されると、どこに行こうかとか、あの装備を付けてみようかとか、いろいろと考えています。



バイクは、1984年頃に発売された VT250F の2型です。

この VT250F は20歳前後の時に初期型に乗っていて、乗りやすかったのでもう一度乗りたく、今回の購入に至りました。



37年前のバイクとは思えないくらいの状態の良さで、エンジンも今の所、何も問題なく動いてくれています。

もう、昔の様な無茶な運転はできませんが、バイクに乗れる楽しさでいっぱいです。

ヘルメットにGoProを取り付けたぁ2021年05月30日 19:05

SHOEI(ショーエイ)のヘルメット GT-AirⅡ(ジーティー・エアーツー)にアクションカメラのGoPro HERO9 を取り付けてみました。









ヘルメットにGoPro等のカメラを取り付けるには、市販の取付アーム等を使用して、ヘルメットにアクションカメラを取り付けますが、そのアクセサリーはどれも一長一短だったので、自作の金具を作ってみました。


こちらがその金具です。
自分で図面作りました。




寸法の詳細は記載できませんが、金具の形状はこんな感じです。








アクションカメラを取り付けするのに、市販の金具を使用します。
下記の商品が、今回使用した金具です。



特注金具に取り付けるベース部分の金具です。






ベース金具からの延長アダプター金具です。






カメラ用マウントネジ付きのアダプターです。






カメラ用マウントとGoProを取り付ける金具です。







GoPro HERO9のマウントをカメラマウント用のネジ付きに変更する金具です。






後が残らずに綺麗に剥がせる、強力な両面テープです。




☆ ゴムシート

ヘルメットの傷防止に使用します。



















取付方法

【 1 】
SHOEI GT-AirⅡ のヘルメットのこの部分に、ゴムシート(20mm×20mm)を張ります。








【 2 】
SHOEI GT-AirⅡ のヘルメット内にある、インカム用のマイク取付部分の凹んでいる部分に、特注金具を強力両面テープで固定します。









【 3 】
特注金具にビス2本を取り付け、ビスを締めて特注金具を固定します。
(このビスの固定は、金具の落下防止です)









【 4 】
GoPro用 ボルト用ベースマウントを特注金具に取り付けます。





【 5 】
GoPro用 延長アダプターを【 4 】で取り付けたベースマウンとに取り付けます。







【 6 】
Ulanzi クイックリリース カメラクリップをミニ三脚マウントに取り付けます。





【 7 】
クイックリリース カメラクリップとミニ三脚マウントの一体を【 5 】の延長アダプターに取り付けます。





【 8 】
GoPro HERO9のマウントベースを三脚マウントアダプターに取り替えます。





【 9 】
GoPro HERO9にUlanzi クイックリリース カメラクリップを取り付けます。





【 10 】
GoPro HERO9をヘルメットに取り付けます。









以上が、SHOEI GT-AirⅡ ヘルメットにGoPro HERO9を取り付ける作業になります。





GoPro HERO9の上下方向の細かな位置がアームを調整する事でできます。



ヘルメットのシールドやロアエアインテークの開閉もできます。




クイックリリース カメラクリップは落下防止のスイッチがあり、赤いボタンを両サイドで押してGoPro側が外れます。

このスイッチには、片側がロック機構になっていて、スイッチをロック側にすると、スイッチが押せない状態になり、GoProは外れなくなります。



赤いスイッチをロック側にした所です。






特注金具を使用すると、インカム用のマイクが設置できなくなりますが、見た目もすっきりとして自分なりに気に入ってます。
この特注金具はまだまだ改良等、いろいろと変更箇所が考えられますので、バージョンアップしたらまたお知らせいたします。




落下の心配があるかと思いますが、この特注金具や延長アダプター部分を掴んでヘルメットを持ち上げても、金具が取れたりしないので、それなりに取付強度はあるのかなと思います。



皆様がGoPro HERO等のアクションカメラを取り付けて楽しむのに、参考になればと思いブログにまとめてみました。



リクエストがあれば、特注金具の製作もできるのですが、この金具だけでも結構な金額になります。

それと、あくまでも SHOEI GT-AirⅡのヘルメット専用金具になりますので、他のヘルメットには、使用できないと思われます。


特注品の設計や製作には、仕事上で経験を積んでいますので、他のヘルメットに取付したいとのリクエストがあれば、現物のヘルメットを確認して、設計できると思います。








バイクの現車してきたぁ2021年05月02日 17:23

18歳から22歳頃までバイクのHONDA VT250F インテグラに乗っていて、その後、HONDA スティードに乗り換え、26歳頃までバイクを乗り回していた。

30歳を過ぎ、都内に引っ越しをしてから、それまで乗っていた車やバイクを手放し、現在まで、会社の車以外はレンタカーを運転するくらいで、自分の車もバイクも無く過ごしてきましたが、どうしてももう一度バイクに乗りたく、この春から中古車を探していました。

2台目に乗っていたHONDAのVT250F インテグラが忘れられず、このバイクを探していたのですが、好みの色や状態が合わなく、探すのも諦めていた頃、今回のバイクを見つける事ができました。

それは、HONDA VT250F 2型と言われるVTの2代目です。

フレームは赤からシルバーに代わってますが、全体の雰囲気は初代のVTに似ていて、エンジン音はそのまんまです。

変わった点は、リアタイヤが18インチから17インチに変更になり、カウルも大きくなっています。

この2代目 後期型の状態のいいのが見つかったので、本日は現車(現物の車体の確認)をしてきました。


年式は不明ですが、1984年~1985年頃で37年前のバイクです。




37年も前のバイクの状態は、外観が良くても、駆動部や電気系が劣化が見られますが、今回現車したバイクは、それが無く、37年前とは思えない程の状態を保っていました。

オーナーの方に聞くと、出所は詳しくわからないが、倉庫の中で眠っていたそうです。

このオーナーさんは、このバイクを譲り受け、清掃しただけの状態ですと言っていました。

走行距離は3250Km程で、メーターの付け替えや巻き戻し等も疑いましたが、このバイクの状態を見ても、それはあり得ないなと感じました。

疑うのは中古車の寄せ集めみたいな所も気にして見てきましたが、ボルトやネジ等は外されたりした形跡が無く、ネジは少し錆が入った状態でした。


フレームもフロント等を中心に、調べましたが、クラックや傷も無く、これも問題がありませんでした。


でも、長年乗っていなかったので、疑う所多々あり、時間をかけて調べさせていただきました。



調べている時に、周りを見渡すと、VTの部品取り用のバイクがあったり、インテグラのカウルやシート等もあり、よくよくオーナーさんに聞くと、VTが好きでいろいろと集めて楽しんでいるそうです。

そんな方が、このVTを見つけてきたのだから、私よりも詳しい!と感じました。


VTに関してお話もいろいろと聞き、それは確信へと変わりました。


もう、疑う所もなく、現車して、これ以上の状態を求めるには、また長い間探さないといけないと思い、その場で購入する旨を伝えてきました。


行くまでは、いろいろと減額要素を見つけて、値引き交渉だなんて考えていましたが、それもなく、お互いに納得した価格での購入となりました。