「ガンダム00 Festival 10 "Re:vision"」に行ってきたぁ2018年04月14日 19:52

今日は幕張メッセ イベントホールで開催された「ガンダム00 Festival 10 "Re:vision"」に行って来ました。

物販開始が10時だったので、その少し後に到着。







既に物販は長蛇の列となっており、並んだ時間が10時23分。

12時15分頃にやっとグッズの購入をしました。

購入するまで約2時間。
もう少し販売するスタッフを多くしてほしかったです。


今日のグッズの購入は、パンフレット、ポーチ、クリアファイルです。



物販の隣はCDの販売とDVD&Blu-rayの予約が行われてました。





次のテントはガチャガシャがあり、その隣がガンダムファンクラブのテントです。
ここでは、ファンクラブ会員のために、メモレコの配布が行われてました。













本日は2公演が行われ、私は昼の部に参加してきました。

入場して直ぐのホールには7枚のパネルが展示されていて、多くの方が撮影していました。


























会場内にはグッズの展示も行われてました。

9月に発売される「ロックオン・ストラトス」のフィギュアには多くの方が長蛇の列を作って撮影していました。

















バンコレで予約が始まった「3WAYトートバッグ」と「ポーチ」、手前にはSTRICT-Gで発売のアクリルキーホルダーが展示。




「カプセルラバーマスコット」、手前はSTRICT-Gで発売のTシャツが展示。



METALBUILD ガンダムエクシア




フロアにはお祝いのフラワースタンドも展示されてました。





会場が13時、一通りの写真を撮影したあと、会場内へ。


会場のアリーナ席の案内



ステージにはLEDで装飾された6本の柱があり、その左右にはスクリーン。

ステージの後ろ側はステージ上より高いフロアが用意され、そこで朗読が行われたりしていました。

ステージはアップステージもあり、シーン毎にそのステージがアップしていました。



5章の朗読ステージがあり、各マイスターをメインに扱う内容になっていて、生演奏があり、深みのあるステージとなっておりました。

主に劇場版の流れを組み、将来へとつながる内容に。。。なっていました。


朗読劇の後はTHE BACK HORNのステージがあったり、ソレスタルステーションがあったりで、会場の皆さんは大いに盛り上がっていました。



最期に演奏が行われ、スクリーンにはスタッフロールが流れ、場内は帰り支度。

と、思っていたら、最後に今日一番の歓声がおこる程のニュースが。

ここではネタバレしないので、ここまでにします。



講演の後、スクリーンにはサービス用に意味深なマイスター達が映され、「撮影可能」のアナウンスが。





グラハムが要注意です。






最後まで粘って、人がいなくなるのを待って、ホールに並べられた7枚のパネルを撮影しました。




グッズ販売の状況。
17時の時点ではトートバッグ、ポーチ、Tシャツの一部が完売になっていました。









この他にも吉報がありますが、オフィシャルの発表を楽しみに待ちたいと思います。