ガンダムベース東京で昨日から始まった「GUNPLA WORLD Ver.MG」みてきたぁ2020年07月04日 21:22

ガンダムベース東京で、昨日から開催が始まった「GUNPLA WORLD Ver.MG」を見てきました。

中央の展示エリア入口には「GUNPLA WORLD Ver.MG」のパネルがあり、その左側には、7月2日発表になった新ブランド『MGEX』の第一弾 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Kaが展示されていました。

展示エリア内には、これまで発売されたMGや川口名人、NAOKI氏等のプロの作品も展示されていていました。





MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka



フル可動、フル変形、発光と現在できる技術を全てを詰めて出したユニコーンガンダム。
これを見る前にプレミアムバンダイで予約してしまいました。















展示エリアは「MG創生の仕掛人 川口克己」のパネルがあり、マスターグレードの開発秘話が掲載されていて、読んだだけでも感動してしまいます。








メッセージボードも用意されているので、行かれた方は是非コメントを残しましょう。




展示エリアの奥には、ガンプラパッケージ徹底解剖やガンプラヒストリー1980-2020のパネル展示があります。







プロの作品展示

【 川口克己 】






【 堀越智弘 】






【 SSC 】






【 NAOKI 】








【 朱凰@カワグチ 】






【 吉本プラモデル部 テツオ部長 】








【 サトウユウスケ 】







プレミアムバンダイで今後発売予定のガンプラの展示

【 ガンダムバルバトス用拡張パーツセット 】




【 ドートレス 】




【 ガンダムエアマスターバースト 】




【 ガンダム G-エルス(BEFORE) 】




【 エルドラウィンダム 】




【 テスタメントガンダム 】





ガンダムベース限定

【 ディスティニーガンダム スペシャルコーティング 】





ガンダムベース東京の入口にはガンプラ制作のデスクや設計試作品パネルが展示されていました。








柱のパネルも新しくなっていて、10周年、20周年、30周年、40周年の記念作品が展示されていました。







雨も止み、ユニコーンガンダム立像の周りには沢山の方がイベントを楽しんでいました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2020/07/04/9264878/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。