台風の後の実物大ユニコーンガンダム立像をみてきましたぁ2019年10月13日 17:08

台風が関東を直撃し、お台場の実物大ユニコーンガンダム立像の状況がきになり、お台場に向かう事に。

しかし、地下鉄日比谷線、有楽町線、ゆりかもめ、JRと、始発から運転見合わせしていたため、タクシーを使いお台場に行こうとした所、タクシーもつかまらず、徒歩で向かいました。


5時に出発して、6時30分過ぎにゆりかもめの新豊洲駅を過ぎた頃、頭上をゆりかもめの電車が動いているのを確認。

ここまで来たら最後までと思いましたが、市場前駅で乗車して青海駅まで。

実物大ユニコーンガンダム立像の前に到着したのは6時50分頃でした。

ざっと状態を確認しましたが、角や外装もちゃんとしていてほっとしました。













実物大ユニコーンガンダム立像の背面を撮影しに行こうとしたら、隣接するGUNDAM TRAILER SHOPのガシャポン販売機が入っているコンテナが横倒しになっているのを発見しました。











ガシャポンの販売機が8基ほどあったと思いますが、この重量が入っていると流石に一人で直すのは無理そうで、そのままに。

その後、写真撮影をして、スタッフさんが来るのを待つことにしました。


これは、GUNDAM TRAILER SHOPのサンシェードで、こちらも壊れていました。







その間に実物大ユニコーンガンダム立像を見て回っていると、足のカバーがずれていることに気付きました。

足のかかとの部分には配線が集中している制御盤が両脚にあり、その外側のカバーが風でずれたのだと思います。





スタッフさんが来たのは11時過ぎ。

GUNDAM TRAILER SHOPを見てあわてていた様子で、倒れていたコンテナを囲んでいました。

それからしばらくしてスタッフさんが実物大ユニコーンガンダム立像を確認と周りの掃除が始まり、足のカバーがずれているのを気付くかなと思ってましたが、気付く事なく、その場を離れようとするので、声掛けして、「足のカバーがずれて中がみえてますよ」と言うと、スタッフさんあわてて見に行き、何やら連絡を始めました。

近くにいたガンダムベース東京の店長さんにも同じ事を告げるとびっくりされ、スタッフさんと対応を始めました。


後でわかったのですが、制御盤に接続されている配線が外れたかして、演出の可動ができなくなったようです。


台風の被害がこれくらいですんだ事にほっとしています。

どうか早く復旧しますように。






お昼頃、沢山の風船が、実物大ユニコーンガンダム立像の周りを飛んでいきました。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2019/10/13/9164615/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。