ガンダムの解体撤去作業がはじまったぁ (終了後8日目 撤去初日)2017年03月13日 20:12

ガンダム立像 終了後 8日目
解体撤去作業 初日

始発電車でガンダムに会いに行ってきましたが、朝の8時(作業開始時間)では、目新しい作業はされていなかったので、一旦その場を後にし、仕事に行きました。



【朝6時頃の写真】



















11時頃のツイッターのツイートで、ガンダムの周りに高所作業車が写っている写真が確認できたので、午後から半休しお台場に再び行ってきました。



12時過ぎの時点で確認できたのは、ガンダムの両足首から先が撤去されて、作業場内に置いてありました。


【外された足のパーツ】









【ガンダムの足】












13時00分過ぎ。
作業員の方がラフターを始動。
続いて高所作業車が所定の位置に移動し、バケットに作業員が搭乗し、ブームが伸びました。







フォロワーさんから聞いた話では、過去2回の解体では、ガンダムの頭から外すとの事だったのですが、バケットの位置は左手。


左手甲のカバーを開け、手首付近をサンダーでカットし、ラフターから吊り下げられたワイヤーをカットした部分から挿入し、手の落下防止を確保。

【手の甲の部分の点検口を取り外し】



【サンダーでカットした部分を強引に曲げてる】



【吊下げワイヤーの取り付け】






その後、腕と手を接続している個所の取り外しが行われ、1時間後に左手が取り外されました。

【左手の取り外し】



【結構強引に前後に揺さぶってました】



【金具の一部が落下】



【左手が取り外された時】



【このまま地上へと左手を下す】








左手を取り外した後、手首部分にロープが取り付けられました。
これは物を吊り下げた時、下からそのロープを持って、吊り下げた物が振られない様にするのと、誘導する為です。





2台の高所作業車のバケットはガンダムのランドセルの部分に。
そしてガンダムに移乗し、ガンダムの肩から内部に入り、左肩の部分の接続箇所で作業がはじまりました。



【バールでガンダムの肩の部分を開けている所】










その間、ラフターから吊り下げワイヤーが方の部分に下され、所定の位置でしょうか、ワイヤーを固定し、少しテンションがかかった状態で、左肩の接続部分の作業を行ってました。







約1時間後、ワイヤーが強くテンションがかけられ、いよいよ左腕の取り外し。

左手を外す時よりか時間がかからずに左腕が動き出し、その後胴体から外れました。



【徐々に胴体から左腕が離れていきます】





【外された左腕の肩の接続箇所】


接続箇所は赤茶けているのは錆でしょうか。
長い間風雨にさらされてきたからこうなってしまった様です。


【左肩の接続箇所】




こちらの接続箇所も相当錆びているようです。





【外された左腕は場内に】







ガンダムの左腕が撤去された状態になりました。





















この時点で午後3時。
休憩をはさんで頭部か右手右腕の作業を開始すると思っていたら、途中でラフターのオペレータの方も下車してしまい、高所作業車は稼動しないまま、時間が過ぎていきました。


たぶん左手の取り外しに時間がかかってしまったので、残った取り外しは本日中止になったのだと思います。


その後、作業場内からはサンダーの使用する音が聞こえ、外したパーツを切断しているのだとわかりました。



以上が本日行われたガンダムの解体撤去作業の内容です。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
海外の不要な書き込みがあるため、簡単な答えを入力して頂きます。『ひらがなの あ を入力してください』

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2017/03/13/8405229/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。