機動戦士ガンダムTHE ORIGIN Ⅱ観に行ってきたぁ2015年10月31日 20:49

今日からイベント公開になった「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」を観に行ってきました。


新宿ピカデリーのロビーには大きなタペストリーがありました。

《 click!の文字が入っている写真は大きくなります 》



今回のイベント上映では限定ガンプラと劇場限定Blu-rayが発売になりました。
朝早くから並んでいる方が沢山おりましたが、ガンダムUCのイベント上映の時の待機列程ではなかったです。



新宿ピカデリー 入口には限定品の引換券を配布する案内が掲示されていました。




限定Blu-rayはプレミア上映会の時に予約したので、購入列には並びませんでした。



劇場オリジナルグッズが発売されましたので、今回も写真に収めてきました。



マグカップ(赤い彗星)



クラブ・エデン グラス&コースターセット



ポスター、ジグソーパズル



カバー付きノート



スマートホンカバー、ジオン・ダイクン ピンブローチ



メガハウス
左から ドズル・ザビ、ムサイ改型ワルキューレ、セイラ・マス



MG ガンダム オリジン版



ガンタンク初期型 劇場限定リミテッドクリアVer.





4階シアター1前の壁面にはポスターがありました。



今回は舞台挨拶の回、1回目と2回目を観てきました。
前回のプレミア上映会の時はスクリーンが前の方の頭が半分程しめており、観た感じがあまりしなかったのですが、今回はスクリーン中央、しかも前の方を気にしない程の大きなスクリーンで映像を堪能できました。

1回目


2回目

舞台挨拶にはシャア・アズナブル役 関俊彦氏、セイラ・マス役 潘めぐみさん、エドワウ・マス役 池田秀一氏、安彦良和総監督が登壇されました。

1回目の舞台挨拶は、マスコミが入り緊張した舞台挨拶になりましたが、アムロ・レイ役の古谷徹氏が2階席から「ハイ!」って言ったり手をふったりと、嬉しい場面もありました。
安彦先生がこの舞台挨拶で言っていた事は、昨夜ラジオ放送で古谷徹氏が言っていた「どうして人は戦争をしてしまうんだろう」と、この事を気付かされて、まさにこれがガンダムのテーマだと。
そしてオリジンⅢでは戦争に向かっていく物語で、ガンダムはまさに戦争の物語。

「ガンダムは戦争を賛美しているんじゃないか又は戦争の悲惨さを描いているんじゃないのかと、両極端な評価を頂く。
そのどちらとも違う。何故人間は戦争をしちゃうんだろうと言うのがテーマなんです。」
と、言っておられました。

劇場内の周りの方々も納得した様な雰囲気が伝わってきました。
たぶん同世代が多い感じだったので、安彦先生の言葉を共感できたんだろうと思います。

このテーマはオリジンを描き上げた安彦先生だから出る言葉だと感じました。




こちらの商品展示はTOHOシネマズ日本橋です。
自宅近くにあるので、帰りに寄ってみました。












今回の劇場での購入はこちらになります。

劇場限定主題歌CD「風よ0074」、パンフレット、3Dポスター、ポスターです。


来週にはBlu-rayが届くので、今から楽しみです。





下記は自分のメモです。

アルテイシアがキャスバルにいさ~んと叫んで追いかけるシーン

●映画版 機動戦士ガンダムⅡ
コズンが捕虜になり食事を配給、その時にセイラがシャアの事を聞き独房に行った後に回想シーンになる。
声優は井上瑤さん


映画版 機動戦士ガンダムⅡ 特別版
上記と同じ
声優は白石冬美さん


●TV版 回想シーンは無し
第31話 ザンジバル、追撃! でシャアが「アルテイシア、乗っていないだろうな!」って言うシーンで幼少のアルテイシアが映る。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2015/10/31/7879120/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。