超・大河原邦男展に行ってきたぁ2013年05月06日 10:55

5月5日
兵庫県立美術館で開催している超・大河原邦男展に行ってきました。


この日は大河原先生のサイン会と講演会があり、私が到着した7時には
既に長い列が。
指折り数えてる方がいたので見ていたら、私の所はすでに300人を
超えてました。
って事で、この時点でサイン会の100人限定には参加できない事が
判明。。。

で、感じた事ですが、美術館や開催側のスタッフによる誘導や説明が
いっさいない事。
東京でのイベントでは最近この様な事が行われる事無く、バックアップが
しっかりしているので、安心して待機列に並ぶ事ができるのですが、
このイベントは不安でいっぱいでした。

自主的に並んでいた待機列が一回だけ他に移動させられる所です。
ここでも誘導が無かったです。

そして、開館40分程前に2列に並ぶようにと。
で、並び直した所の状態です。
先頭が見えない。。。


開館15分前。
美術館の中へ移動開始。


美術館の廊下に待機列を作った状態です。
ちょっとした坂道になっています。
70m位はありそうな長い廊下には沢山の方が。


開館。
列が急に動き出し受付に来たら、手渡されたのが講演会の整理券でした。
ここまで何も説明なし。
サイン会の整理券の配布が終わったとかいっさいなかったです。
目的はサイン会だけだったので、参加できないのなら並んでいる事もなかった
のに。こんな事なら、先に展示会場に行きたかったです。



展示会場へ。
会場に入る前の壁面にはシャアザクの画が。
階段と比較して頂くと分かると思いますが、かなり大きな画でした。



音声ガイドを借りようとしたら、なんと品切れ。
銀河万丈氏や大河原先生の語り聞きたかったのに。。。


展示内容は去年稲城市で開催された大河原邦男作品展の展示品数を
ボリュームアップした感じでした。
原画やポスター原画、そして1/1スコープドッグ。どれも凄いの一言。
どこも人、人、人でゆっくりと観る事ができなく、惜しみつつ次の作品、
次の作品と観てきました。
原画はいいものですよね。 本やポスター等では感じられない質感が
ありますよね。
やっぱり観に来てよかったと思いました。

展示会場の最後はグッズ売場。
この売場に入る所から人が並んでおり、中に入ると、この売場を1周して
その列が外まで伸びている事を確認。
買い物するだけでもかなり時間がかかりました。


販売されているグッズを少し紹介。
ザクUSBメモリー


手ぬぐい


超・大河原邦男展図録


限定ガンプラ


1/8スコープドッグ



ヴァリアブルアクションシリーズ
ヘルメタル


ボトムズを連想して作られたお酒と梅酒。


ザクのTシャツ


ボトムズのTシャツ


ボトムズの肩掛けバッグ


フリーダムのTシャツ


複製原画


この他にも、ポストカードやボトムズ関連グッズ等がありました。


この売場に展示されていた模型コンテスト受賞作品








絵メール
端末が置かれていて、自分のメールアドレスを書き入れ添付ファイルに
画像を選んで送る事ができました。
ここのにある壁紙が全てもらえました。


美術館には開会中の新聞記事が掲示されていまいた。




超・大河原邦男展のデザイン入り入場チケットの注意事項です。
私は両方のチケットを買ってきました。(未使用)




美術館の周りには超・大河原邦男展に関する物が沢山ありました。
兵庫県立美術館の建物の壁面には大きな看板が。


西の入り口の看板


北の入り口(正面)の看板。


北入口の通路を入って行くと中央にも立て看板。
4面ありました。







館内には至る所にポスターもありました。

コメント

_ イデ ノブキ ― 2016年12月21日 14:27

はじめまして イデといいます。
突然の書き込みで恐縮ですが、お願いがあります。
私も大河原邦男展、行ってきました。
実は、諸事情で ガンダムの手ぬぐいをヤフオクで
出品したいと考えています。
また、開封もしていない新品状態なのですが、
私、大変不器用でして、開封すると、きれいに元に戻せなく
なってしまうこと確実です
それで、イメージ画像として、貴方様のブログ上の
お写真(オリジナル缶バッチ売り切れを表記のある)
を使用させていただけないでしょうか?
ご検討よろしくお願いいたします。

_ とんにゃん ― 2016年12月28日 09:33

イデ ノブキ様

ご連絡ありがとうございます。

画像の使用に関して
オークションでの使用はお控えください。

ただ、参考として画像のURLの記載でしたらかまいません。

ご利用の画像URLです。
【ttp://gundam-zousho.asablo.jp/blog/img/2013/05/06/28cc13.jpg】
URLの先頭に[ h ]を付けてご使用ください。

すみませんが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
海外の不要な書き込みがあるため、簡単な答えを入力して頂きます。『ひらがなの あ を入力してください』

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2013/05/06/6800874/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。