ガンダム書籍 2012年ベスト52012年12月30日 14:55

 第2回 ガンダム蔵書が勝手に選ぶガンダム書籍年間ベスト5の
 発表です。

 上半期に選んだ書籍はこちらです。

 2012年1月1日~12月31日までが対象。
  総数 196冊
  設定資料 その他部門対象数 105冊
  小説 他部門対象数 24冊
  コミック部門対象数 67冊

 こちらは去年の暮れに行った2011年ガンダム書籍ベスト5です。


 【設定資料 その他部門】
  第1位
   機動戦士ガンダムUC
   インサイド アニメーション ワークス

     一迅社発行 監修 サンライズ
     機動戦士ガンダムUCの原画、設定資料集です。
     こちらに掲載されている原画は必見です。
     とても素晴らしい原画と背景画があり、このクオリティーで
     このアニメが作られているんだと感じる事ができます。

  第2位
   機動戦士ガンダムSEED
    コズミック・イラ メカニック&ワールド

     双葉発行 監修 サンライズ
     リマスターに伴い、設定資料集も新たに作り直した様な
     素晴らしい設定資料集になっております。

  第3位
   KABA 2
     講談社発行 大友克洋/著
     1998年8月に開催されたガンダムビッグバン宣言で
     「GUNDAM Mission to the Rise」が上映。
     その設定資料(新生ガンダム)(新生ザク)が掲載。
     待ち望んだ設定資料と絵コンテが掲載されています。
     上半期では1位に選びました。

  第4位
   SDガンダム大全集 BB戦士編
    アスキー・メディアワークス発行
     これぞ待っていた!BB戦士の総合カタログ。
     できたら1ページに1体のBB戦士掲載でお願いしたかった
     のですが。
     上半期では2位に選びました。

  第5位
   模型戦士ガンプラビルダーズD Parts BEGINNING
     アスキー・メディアワークス発行
     構成:千葉智宏 漫画:今ノ夜きよし
     協力:バンダイホビー事業部
       1年間電撃ホビーマガジンに連載された内容をまとめた
       (6話)書籍になります。
       なんたってサキさんが好きなんで(^^;;
       サキさんの幼かった頃のエピソードが描き下ろしで収録。
       サキさんファンは是非!

   模型戦士ガンプラビルザ―ズD Parts FUREVER
     アスキー・メディアワークス発行
     構成:千葉智宏 漫画:今ノ夜きよし
     協力:バンダイホビー事業部
       そして、8月に発売されたこの書籍はBEGINNINGに
       続き、電撃ホビーマガジンに連載された内容を掲載。
       エピソード0も描き下ろしであります。

    2冊合わせて5位に選びました。

  <残念 こちらもお勧めの本です。>
   語れ!機動戦士ガンダム
    KKベストセラーズ発行
    インタビュー:富野由悠季、安彦良和、大河原邦男
     ガンダムに携わった方々のインタビューが掲載されていて
     とてもいい内容になってます。

 【小説 他部門】
  第1位
   機動戦士ガンダムAGE 1スタンド・アップ
   機動戦士ガンダムAGE 2アウェイクン
   機動戦士ガンダムAGE 3セカンド・エイジ
   機動戦士ガンダムAGE 4マーズ・コンタクト
   機動戦士ガンダムAGE 5ホーム・スイート・ホーム
    小太刀右京/著 角川書店発行
     盛り上がりに欠けたテレビ放映も終了し、既にAGEの
     存在等忘れさられた様な感じもしないでもないですが、
     この小説を読むと、新たなAGEを発見でき、また違った
     感じをうける事になります。
     とても読みやすく、サイドストーリーをも取り入れたこの
     小説は、今年の1位に相応しい内容になってます。

  第2位
   機動戦士ガンダムUC 戦後の戦争
    福井晴敏 バンダイナムコゲームス発行
    PS3機動戦士ガンダムUC特装版に封入されていた小説
     3月8日PS3ゲームソフト機動戦士ガンダムUCの特装版の
     同梱小説。
     書き下ろし作品でシナンジュの強奪経緯がわかります。

  第3位
   新機動戦記ガンダムW
   フローズン・ティアドロップ 5悲嘆の夜想曲(上)

   新機動戦記ガンダムW
   フローズン・ティアドロップ 6悲嘆の夜想曲(下)

    隅沢克之/著 角川書店発行
    装画:あさぎ桜・カトキハジメ
     過去編でも楽しめる所はあるので今後の期待を込めて。

  第4位
   評伝シャア・アズナブル≪赤い彗星≫の軌跡
    皆川ゆか/著 講談社発行
     2006年12月に上下巻として発売されたのを文庫サイズに
     まとめた書籍です。
     シャアを感じるにはこの書籍は外せません。
     また、資料としても十分。 読んでない方は是非に。

  第5位
   マスターグレード ガンプラのイズム
    石井誠/著 太田出版発行
     ガンプラの製作にはまったく役に立ちませんが、
     MGシリーズの進化、その技術を解り易く解説。
     ガンダムエースに連載された内容をまとめた書籍です。

 【コミック部門】
  第1位
   機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~ 1
   機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~ 2
   機動戦士ガンダムAGE ~追憶のシド~ 3
    中西寛/著 小学館発行
    機動戦士ガンダムAGE ~始まりの物語~前編
     ガンダムAGEの外伝ですが、EXA-DBとアセムの経緯等
     本編と繋がる重要な内容となっていてとても面白いです。
     そして、3巻で完結。
     ガンダムAGEのサイドストーリーとして、是非読んで
     ほしい作品です。
     そして、12月に最終巻となる3巻が発売になりました。
     限定カード付きの特別版と通常版があります。
     ガンダムAGEの最終局面に繋がる、大事な内容に
     なってますので、是非手にとって読んでみて下さい。

  第2位
   機動戦士ガンダム サンダーボルト1
    太田垣康男/著 小学館発行
     機動戦士ガンダムのサイドストーリー。
     少し設定には無理がある所もありますが、キャラクターや
     MSの描写が素晴らしい。
     ストーリーもしっかりしており、今後も期待できる内容で
     2位に選びました。

  第3位
   機動戦士ガンダム MSV-R
   ジョニー・ライデンの帰還 MATERIAL-D 4

   機動戦士ガンダム MSV-R
   ジョニー・ライデンの帰還MATERIAL-D 5

    Ark Performance/著 角川書店発行
    メカニックデザイン:大河原邦男
     もう言う事なしです。
     MSV好きにはたまらない作品です。
     謎多きキマイラ隊、そして緻密な描写のMS等々
     読んでいてわくわくします。
     なんとなく感じたのはガイアギアも少しは入ってる
     のかなって。
     何の事かわからないかもしれませんが、
     主人公はジョニー・ライデン?って事です。
     ははは。まずは読んでみて下さい。

  第4位
   ガンダムEXA 2
   ガンダムEXA 3
    ときた洸一/著 角川書店 発行
    シナリオ/千葉智宏(スタジオオルフェ)
     2巻はエクストリームガンダムtypeレオスが登場。
     3巻ではいよいよ00編。
     そしてセシアが可愛いのなんのって今後も期待です。

  第5位
   模型戦士ガンプラビルダーズA
    岩本佳浩/著 アスキー・メディアワークス発行
     ガンプラ30周年の時にアニメになった作品で
     ケロケロエースで連載。
     岩本先生によるガンダムは読んでいて楽しくなります。



   今年の小説部門とコミック部門はガンダムAGEが1位とな
   りました。
   アニメ放送だけじゃなく、この小説とコミックを読めばAGEの
   新たな発見とアニメとは違う印象になるでしょう。
   まあなんだかんだでAGEは終わってしまいましたが、本を読み
   返して面白さを確認するのもいいのではないでしょうか。

   設定資料集で1位に選んだ機動戦士ガンダムUC
   インサイド アニメーション ワークスは、とてもいい書籍です。
   原画のすばらしさを是非確認していただければと思います。


   今年は安彦良和先生の原画集が発売予定で、すごく楽しみに
   していたのですが発売延期との連絡で、残念でなりません。
   来年は発売される事を祈ってこの発表を終わらせたいと
   思います。

   ガンダムのファンの方、もっと違う本が好きだよとか、それは
   ないだろうって思った方もいらっしゃると思いますが、私 
   ガンダム蔵書が勝手に選んでる事なので、どうかお許しを。

   また来年も数多くのガンダム本が発売されるでしょうね。
   できたら第3回も開催したいです。

   ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gundam-zousho.asablo.jp/blog/2012/12/31/6662295/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。